エンジニアリング・ネットワーク
 毎月10日・25日発刊
 半年購読料:29,000円+税
 年間購読料:49,000円+税



購読・サンプルお申込み  広告掲載について   バナー広告について   製品記事掲載について
企業別検索(News Record)  重化学工業通信社

 News Record  その他の記事          (2018年9月25日号)
※本文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい

  TOYO、富山県高岡市向けバイオマス発電設備を受注へ
  10月にも正式契約へ、国内で2件目

 東洋エンジニアリング(TOYO)は10月にも、富山県高岡市伏木の万葉埠頭に建設が計画されているバイオマス発電プラントを受注する。プロジェクトを手掛けるのは群馬県に本社を置くデベロッパーのシンエネルギー開発で、日本再生エネルギーが発電事業を行う。

  日造、ベトナムからごみ焼却発電プラントを受注へ
  ハノイ近郊、プロジェクト遂行は日造ベトナム主体
 日立造船は近く、ベトナムのハノイで計画するごみ発電(Waste to Energy)プラントの建設プロジェクトを受注する。プロジェクトはベトナムの複合企業T&Tグループが計画するもので、日造はT&Tグループと組んで、ごみ焼却発電プラントの建設と運営を行う。

  日立造船イノバ、露モスクワ向けごみ発電プラントを受注へ
  日造スイス法人が独自に遂行
 日立造船のスイス子会社である日立造船イノバ(HZI)は近く、ロシアの首都モスクワで計画されているごみ発電プラントを受注する。HZIが受注するのは、ロシア国営企業であるロステックの子会社のRTインベストとロシアの政府系ファンドであるロシア直接投資基金(RDIF)が中心となって・・・

  神鋼環境、焼却炉DBOプロを受注へ
  東京都八王子市で、受注金額259億円
 神鋼環境ソリューション~大豊建設JVは近く、東京都八王子市から「(仮称)新館清掃施設整備および運営事業」を受注する。DBO(デザイン・ビルド・オペレート)方式によるゴミ焼却炉の建設・運営事業。神鋼環境~大豊JVは2022年9月までに日量160トン(80トン×2炉)のゴミ焼却炉を建設し・・・


 FOCUS  Back Number
 AIが開く、ビジネスチャンス
 AIやIoTという用語を聞かない日が無くなるほど、その関心は高まっている。プラントエンジニアリング関連では、操業に伴うビッグデータから最適オペレーションを捜し出すのに活用され始めている。つまり、プラントのOPEX( 操業) に使われるのだ。これまで、プラントエンジニアリングビジネスはCAPEX( 設備投資) が中心だったが、AIを活用することで、OPEXを対象にできるようになった。AIは新たなビジネスチャンスの扉を開こうとしている。

【総 論】
 AIが開く、ビジネスチャンス
 エンジ会社はOPEX、電磁弁では自己診断、新境地へ

【千代田化工建設】
 ネシアLNGプラントの最適オペレーション提案にAI
 操業データディープラーニングで対応

【東洋エンジニアリング】
 GEと「Predix」についてMOUを締結、「DX-PLANT」を展開
 尿素プロセスライセンサーとしての優位性も活用

【日 揮】
 ペトロナスとともに空冷式LNGプラントの高温排気再循環問題に取組
 データ・インテリジェント本部を設置、組織も充実

【金子産業】
 APOSAでシリンダ式ON-OFFクォータターンバルブ自己診断を実現
 シンプル制御で異常検知、低コスト化を狙う

【日本アスコ】
 近接型リミットスイッチ「GO Switch」でIIoTに対応
 電磁弁の作動監視がワイヤレスネットワークと接続


 Cover Story   Back Number   
 MHIEC、焼却炉の最適運転で横浜市と共同研究
 オペレータ介入の最少化、効率的な広域処理を実現
 三菱重工環境・化学エンジニアリング(MHIEC)はこのほど、神奈川県横浜市と、人工知能(AI)やIoT技術を活用したゴミ焼却炉の最適運転について共同研究を開始した。MHIECの本社(神奈川県横浜市)、横浜市庁舎、市内の都筑工場の3拠点をインターネット回線でつなぎ、MHIECと横浜市でそれぞれ、ゴミ焼却発電の状況をリアルタイムで把握する。MHIECはさらに、収集したデータを分析することで、オペレータによる運転介入の最少化、複数の清掃工場を持つ自治体での高効率な広域処理を目指す。







  【見本誌 / 購読のご案内】  【広告掲載のご案内】   【リンクについて】





〈サイトマップ〉

 バックナンバー (2004~2018年)
 FOCUS (2004~2018年)
 TOPICS
    2018年
    2017年  2016年  2015年  
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 Engineering Now
    2018年
    2017年  2016年  2015年 
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 News Record
    2018年  2017年  2016年   
    2015年  2014年  2013年 
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年
    企業別検索

 My Opinion
   2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年   
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Cover Story
    2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年
    2012年  2011年  2010年
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Suppliers Now
    2018年
    2017年  2016年  2015年
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年








ENN見本はこちらをご覧下さい





My Opinion 詳 細
・経済産業省製造産業局
  国際プラント・インフラシステム・
  水ビジネス推進室長 吉岡 孝 氏



TOPICS 詳 細
・ベントレー、「Bentley CONNECTION
 Seminar 2018 Tokyo」を開催

・シーメンス、IoT化に伴う「Mind
 Sphere」事業展開を強化、カンパニー
 制への組織再編



Engineering Now 詳 細
・平成30年度、エンジニアリング産業受
 注高は3.0%増

・エンジニアリング協会、設立40周年




Suppliers Now 詳 細
・FCVの普及に不可欠なフジキンの
 技術




㈱重化学工業通信社
 
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
このホームページに関するご意見・ご感想をお寄せ下さい。    E-mailでのお問い合わせ
著作権は ㈱重化学工業通信社 に帰属します。
Copyright 2002~2018 The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved.