My Opinion 2020



   TOP PAGE  購読・サンプルのお問い合わせ

   My Opinion 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007
   2006 2005 2004


  ※本文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい。

 【2020/5/10日号】
プランテック 勝井基明代表取締役社長に聞く
自治体のごみ処理プラント建設計画への新型コロナの影響は不透明
 技術開発に積極的に取組
 新型コロナウイルスの感染拡大で国内経済の先行きに不透明感が漂う中、ごみ処理プラントメーカーのプランテックが、独自技術のバーチカル炉(竪型ストーカ式焼却炉)の優位性により、堅調な事業を継続している。今年3月には、同社として初めて自治体向けの発電付ごみ処理プラントを茨城県で受注。石川県でもごみ処理施設建設工事の優先交渉権を取得した。競争の激しいごみ処理プラント業界で、本道とも言える炉そのものの技術革新を武器に躍進するプランテックの現状と今後の展開について、勝井基明社長に聞いた。

 【2020/4/25日号】
日本プロジェクトマネジメント協会 加藤亨理事長に聞く
PMで日本の国際競争力を強化、「P2M」の製造業への普及に力
 「PMS」資格試験の普及にも取組
 日本発のプロジェクトマネジメントノウハウである「P2M(プログラム&プロジェクトマネジメント)」。その普及を推進するのが、日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)だ。PMAJは「P2M」の普及に取り組むが、その究極の狙いはわが国産業の国際競争力の強化だ。しかし、わが国産業の縦割り構造が、邪魔をするなど、プロジェクトマネジメントすら、受け入れるベースが無い。昨年7月に、PMAJの理事長に就任した加藤亨氏に今後の取組について聞いた。

 【2020/3/25日号】
日本工業検査 小野 晃彦 代表取締役社長に聞く
プラントの検査にAI・IoTを積極的に活用
 独自開発による検査技術で、高経年設備の維持管理で成果
 山九グループの非破壊検査会社である日本工業検査。独自に検査技術を開発して、外面腐食などの高経年化する設備の診断にも対応している。最近では、AI・IoT技術、またドローンなども活用し、これまで不可能だった検査も可能にしている。対象となるのは、石油・石油化学、電力・エネルギー、社会インフラが主なところである。最近は社会インフラの検査需要が高まっており、そこへの対応にも忙しい。日本工業検査の小野晃彦代表取締役社長に事業展開について聞いた。

 【2020/3/10日号】
三菱化工機 木 紀一 代表取締役社長に聞く
中計重点項目は水素・バイオ・環境規制関連
 今後の事業見通しでは「新型コロナウィルス」の影響を懸念
 2019年度から新中期経営計画が始まった三菱化工機。今中計の基本方針は、差別化技術で業績を安定化させること。その差別化技術として重点項目として上がったのが、水素などの「クリーンエネルギー関連領域」、環境分野の「バイオガス利活用領域」、そして環境規制への対応では、「船舶環境規制領域」だ。これら事業を活かすために、既存事業の業績の安定化は必須だ。中計を推進する木紀一社長に、最近の事業状況について聞いた。

 【2020/1/25日号】
一般財団法人エンジニアリング協会 前野 陽一 専務理事に聞く
来年5月「Engineering JAPAN 2021 〜エンジニアリング技術交流展〜」を開催
 オープンイノベーションの場を提供、1月末から出展者を募集
 エンジニアリング協会が来年5月、新たに「Engineering JAPAN 2021〜エンジニアリング技術交流展〜」を開催する。これまで、業界の関わる展示会はメーカー側の団体により開催されてきたが、技術交流展は購入者側が主催する初めての展示会となる。エンジニアリング業界の関係者が来場して、業界に売り込みたいメーカーが出展し、会場で話し合う。この取組から新たなパートナーを捜し、オープンイノベーションの一助となることも狙う。最近のエンジニアリング協会の活動について、前野陽一専務理事に聞いた。






掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は 鰹d化学工業通信社 に帰属します。 ENN編集部