News Record 2020


  TOP PAGE  News Record 企業別  購読・サンプルのお問い合わせ

  News Record 2020 2019 2018 2017 2016  2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007
  2006 2005 2004


※掲載文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい。

【2020.8 合併号 Vol.471】
■日揮グローバル、イラクから製油所近代化プロを受注へ -バスラ製油所向け、受注額3,000億円超-
■神鋼環境、焼却炉の基幹改良工事 -千葉県で受注へ-
■JBIC、新型コロナ対策の日本企業の海外事業を支援 -ポストコロナも見据える-
■日鉄エンジ、6事業部から3戦略セクターに再編
 -環境・エネルギー、都市インフラ、製鉄プラントの3セクターに-
■TVE、オンライン技術相談会をスタート -ユーザーの技術情報ニーズに対応-
■日揮など、産廃から加速炭酸塩化プロセスの研究開発 -NEDOの研究開発委託事業として採択-
■プライメタルズ、連続酸洗設備の更新工事 -東京製鉄から受注-
■NEDO・川重、水素専焼GTの技術実証試験に成功 -水素発電の性能を向上-
■日揮グローバルなど、CO2資源化技術開発がNEDO事業に -温室効果ガス排出削減に期待-
■日造、固体高分子型水電解大型セルスタック電解槽 -山梨県で受注-
■MHIEC、焼却炉の延命化工事を受注 -東京23区清掃一部事務組合の港清掃工場で-
■JFEエンジ、スタートアップ企業3社に出資 -ベンチャーキャピタルファンドにも-
■JFEエンジ、焼却炉の完全自動運転システム -安定燃焼、発電量の増加を実現-
■日鉄エンジ、乾式脱硫脱硝設備を完工 -中国・舞鋼中加鋼鉄向け-
■JFEエンジ、東北で食品リサイクル事業 -JR東日本や東ガスなどと共同で-
■山九、レンズ用樹脂製造プラントを受注 -三井化学大阪工場向け-


【2020.7.25 Vol.470】
■「石炭火力発電プラント輸出、原則支援せず」、経協インフラ会議で方針
 -環境性能がトップクラスの技術に限定-
■日鉄エンジ、焼却炉の基幹改良工事を連続受注へ -秋田県と大阪府で-
■医薬製造サプライチェーン変革を狙うエンジ各社 -原薬・中間体の生産が国内回帰-
■メタウォーター、焼却炉の基幹改良工事 -大分県で受注へ-
■アズビル、大連生産子会社に新工場建設 -グローバル生産体制の規模拡大・強化-
■スマート保安官民協議会を設置 -基本方針を策定へ-
■千代田、CO2原料のパラキシレン製造 -日鉄エンジなどと研究-
■山九、飛行ドローンによる可燃性物質検査を実施 -稼働中のプラントで-
■横河、コミッショニング支援システムを発売 -「PRMコミッショニングサポートパッケージ」-
■プライメタルズ、製造実行システムの設置工事 -ブラジルで受注-
■J&T環境、使用済みプラスチックの再資源化事業 -異業種と共同出資会社を設立-
■日揮HD、譲渡制限株式報酬として新株式を発行 -企業価値向上へのインセンティブ向上が狙い-
■日造子会社、焼却炉を受注 -石川県で、日量30トンのストーカ炉-
■JFEエンジ、焼却炉DBOプロを受注 -福井県で、受注金額152億円-
■経産省製造産業局長に藤木商務・サービス審議官 -7月20日に発令、安藤事務次官は留任-
■日本バルブ工業会、新会長に堀田キッツ社長 -働き方改革などの検討に着手-


【2020.7.10 Vol.469】
■山九、アペル増設プロジェクトを受注 -三井化学・大阪工場から、TPSに競り勝つ-
■プラントショーOSAKA 2020、開催 -7月29~31日に、メンテナンス・レジリエンスなどと共催-
■AHEAD、脱水素プラントを公開 -水素の長距離輸送を実証-
■TOYO、海外EPCは海外現地法人を活用 -2020 年3月期決算を発表-
■JFEエンジ、焼却炉DBOプロを受注へ -広島県で、落札金額713億円-
■東レエンジ、レーザーマイクロトリミング装置を発表 -独自開発の光学系位置決め技術を搭載-
■MHIEC、基幹改良工事を受注 -北海道で、受注金額40億円-
■日鉄P&E、土木学会環境賞 -水素サプライチェーン実証事業で-
■月島、クボタ、B-DASHプロに採択 -低コスト汚泥減量化技術などで-
■川重、世界成功効率ガスエンジンを発売 -発電効率51.0%-
■月島子会社、ISO55001認証を取得 -上下水道の維持管理で-
■JFEエンジ、大変位吸収鋼管の設計・製作 -カナダで受注-
■MHPS、新GTCC実証発電設備を完成 -次世代1,650℃JAC形ガスタービン長期実証運転を開始-
■JFEエンジ、浄水場DBOプロを受注 -新潟県で、受注金額282億円-
■水ingエンジ、汚泥再生処理施設 -和歌山県で受注、33億3,000万円-
■日鉄エンジ、ブラジルから高炉向け銅ステーブ -高炉の超寿命化・省エネ化に貢献-


【2020.6.25 Vol.468】
■重工エンジ、台湾電力からタンク5基受注へ -台中LNGターミナル向け-
■JXTG川崎、CBM導入事業所として認定 -高圧ガス保安室が第1号認定-
■JFEエンジ~メタ、焼却炉DBOプロを受注へ -岡山県で、落札金額380億円-
■日造子会社、焼却炉を受注へ -石川県で、日量30トンのストーカ炉-
■川重、水素液化機を販売開始 -国内メーカー初、3,000時間以上の連続運転-
■アズビル、異常予兆検知システムを納入 -「BIG EYES R200」をカネカへ-
■クボタ、水処理プロを連続受注 -浄水場DBOと、配水管布設工事-
■横河、日本環境設計と資本・業務提携 -リサイクル事業で協業-
■重工エンジ、日暮里・舎人ライナーに新車両 -12編成(60両)を受注-
■荏原環境、焼却炉DBOプロを受注 -静岡県で、受注金額173億円-
■神鋼、非汎用圧縮機の中国生産拠点を子会社化 -中国における需要増加への対応が目的-
■東芝、東電と新会社 -柏崎刈羽原子力発電所6号機の安全対策工事で-
■斗山シュコダパワー、蒸気タービンを出荷 -袖ヶ浦バイオマス発電向け-
■HZI、ごみ発電プラント -露モスクワで受注-
■東芝、時系列波形異常検知AIを開発 -工場やインフラ設備などの点検に威力-
■日立、バーチャルパワープラント構築実証事業に採択 -送水ポンプの運用計画最適化-


【2020.6.10 Vol.467】
■住友ケミカルエンジ、医薬中間体などのマルチプラント -広栄化学千葉工場向けに受注-
■経産省貿易経済協力局、インフラ海外展開懇談会で中間取りまとめ
 -増大するエネルギー需要への対応が課題-
■日鉄エンジ、北九州市で焼却炉PFIプロ -国内ストーカ炉プロを初受注-
■日造、焼却炉DBOプロ受注へ -佐賀県で、落札金額324億円-
■レイズネクスト、次期社長に毛利取締役常務が昇格 -6月26日付、吉川社長は顧問に-
■日鉄エンジ、CDQを受注 -JFEスチール向け、国内受注は2013年以来-
■三菱電機、点検サポートサービス「InsBuddy」を開始 -公共施設などの設備点検事業者向け-
■プライメタルズ、高速線材圧延機を受注 -中国のファスナー原材料メーカー向け-
■千代田、触媒工場のEPCを受注 -東邦チタニウムから-
■荏原環境、ハイボットと資本業務協定 -ボイラ水管の点検サービスを強化-
■三菱電機、フィンランドのEKE-Electronicsに出資 -海外向け鉄道車両用情報システム事業を強化-
■日造、新中計をスタート -受注・売上高4,000億円水準、営業利益率5%へ-
■川重、焼却炉DBOプロを受注 -東京都で、受注金額462億円-
■日本エヌ・ユー・エス、二国間クレジット調査事業 -インドネシアCCS実証プロジェクト向け-
■日立、イタリアでトラム供給の包括契約 -30編成を6,340万ユーロで受注-
■千代田伊法人、LNGプロ向けTA業務を受注 -NLNG・7系列向け-


【2020.5.25 Vol.466】
■経産省、令和2年度補正予算で産業保安高度化推進事業に20億円
 -防爆ドローン開発・実証などにも取組-
■千代田、1,355億円の減資 -財務体質を健全化、6月開催の株主総会で決議へ-
■経産省貿易経済協力局、インフラ海外懇談会を開催 -エネルギー・電力、デジタルの2分野に重点-
■荏原環境、焼却炉DBOプロを受注へ -石川県で、落札金額150億円-
■第3回高経年化プラントの維持管理会議、延期 -今年6月から来年2月に-
■福島ガス発電、福島天然ガス発電所1号機が稼働 -LNG基地からガス発電まで-
■MHPS、三菱パワーに社名変更 -新社名とロゴを発表-
■大成、クリーンルームを防護する避圧調整ユニット -急激な圧力変動による部材破損を回避-
■タクマ、環境リサイクル装置メーカーを子会社化 -環境事業の強化を狙い-
■JAPEXなど、「苫小牧港LNGバンカリング検討会」を終了 -LNGバンカリング4方式の課題を確認-
■JFEエンジ、ペットボトルリサイクルレジンを製造 -石協栄産業と合弁設立-
■クボタ、上水道向けクラウド方式配水監視システム -広島市から受注-
■日造、陸上養殖センターを完工 -ニッスイと、マサバ循環式陸上養殖の共同開発-
■MHPS、排脱世界シェア1位を獲得 -米マッコイ・パワー・レポートより-
■MHPS、J形GT累計運転時間100万時間注 -43基が商用運転中、総発電容量25GW以上-
■東芝、岐阜県で地熱発電所を建設 -最大出力1,998kW、ダブル・フラッシュ方式を採用-


【2020.5.10 Vol.465】
■JGCガルフ、サウジARAMCOからガス分離プラント -ガワール非在来型ガス田開発プロジェクト向け-
■月島、汚泥焼却炉を受注へ -埼玉県で、落札金額28 億円-
■MHPS、蒸気タービン設備を受注 -台湾電力の大潭発電所向け-
■TOYO、ジャパン・インフラ・ウェイマークに出資 -ドローン活用のインフラ点検に取組-
■横河、粒子観察ソリューション技術の米社を買収 -バイオエコノミー市場向けビジネスを強化-
■タクマ、焼却炉などを受注 -石川県で、受注金額100億円-
■豊通、イラクで変電所を受注 -ガス絶縁開閉装置と変圧器は東芝から-
■IHIインフラ、橋梁建設プロを受注 -バングラデシュで-
■重工、インドネシアに現法を設立 -社会インフラ整備における営業・サービスを強化-
■IHI、ボイラの異常予兆検知を実証 -遠隔監視で稼働率向上に貢献-


【2020.4.25 Vol.464】
■TPS、三井化学からアペル製造プラント増設プロを受注 -大阪工場向け、需要拡大に対応-
■JFEエンジ、焼却炉DBOプロを受注へ -福井県で、落札金額152億円-
■JFEエンジ、基幹改良工事を受注へ -神奈川県で、日量450トンのストーカ炉-
■専業大手エンジ3社、入社式無事に挙行 -新型コロナの影響で変則的に-
■シーメンス・エナジー日本法人、6月1日に設立 -代表取締役社長兼CEOには大築康彦氏-
■清水建設、フィリピンでインフラプロジェクトを連続受注 -マニラ地下鉄、タバオ市バイパス-
■大成、新型ファンユニットを開発 -医薬品倉庫内の温度分布を平準化-
■川重、デュアル・フューエルエンジン発電設備 -沖縄電力から2基受注-
■MHPS、JAC形GTCCで定格出力 -次世代1,650℃級、高砂工場GTCC実証設備で-
■日造、水力発電向け機器供給を受注 -ミャンマー・セダウジ水力向け-
■クボタ、浄水場・ポンプ場整備事業を受注 -DBO、受注金額30億円-
■MHPS、高炉ガス焚きGTCC発電設備2系列 -中国で受注、出力16.5万kW級-
■富士電機、新型誘導炉を発売 -鋳物生産の省エネを実現-
■NEDO、MHPSなど3社がCCU調査事業を実施 -NEDOが採択-
■荏原環境、焼却炉DBOプロを受注 -青森県で、落札金額143億円-
■大成、鋳鉄製免震エキスパンションジョイントを開発 -車両総重量25トンの重車両を上載可能-


【2020.4.10 Vol.463】
■重工エンジ、露向けメタノールプラントFEED実施中 -今年10月にEPCにロールオーバー-
■日鉄エンジ、焼却炉PFIプロを受注 -千葉で、落札金額746億円-
■日造、し尿処理施設の基幹改良工事 -茨城県で受注、3施設合計で日量305㎘-
■専業大手にも新しい仲間 -4月1日に入社も、コロナウイルスの感染拡大で入社式は無し-
■千代田、シンガポール企業5社とMOU -水素経済の実現で-
■日揮、バイオマス専焼発電設備を受注 -レノバなどの合弁から、宮城県石巻向け-
■月島、新型ベルトプレス脱水機を受注 -長崎県で、ろ過速度を1.5倍に加速-
■JFEエンジ、MPEの株式取得完了 -JFEプロジェクトワンとしてスタート-
■MHIヴェスタス、洋上風力発電設備33基を受注 -秋田県での洋上風力発電所プロジェクト向け-
■IHI、「アンモニア混焼火力発電技術の先導研究」 -NEDO委託業務に参画-
■富士電機、新型誘導炉を発売 -鋳物生産の省エネを実現-
■月島、プライミクスを子会社化 -攪拌技術の強化狙い-
■月島、下水汚泥の固形燃料化事業 -千葉県で受注-
■MHPS、「MHPS-TOMONI」を受注 -メキシコの地熱発電所向け-
■大成、バンダラナイケ国際空港改善事業を受注 -スリランカで、受注金額620億円-
■東芝エネルギー、自家発電所の運用最適化システム -クラレから受注-


【2020.3.25 Vol.462】
■タクマ、焼却炉DBOプロを受注へ -札幌市で、落札金額607億円-
■韓サムスンエンジ、サウジARAMCOから連続受注 -ガス貯蔵とガスプロセッシングプラント-
■プランテック、ごみ焼却炉を受注へ -茨城県で、落札金額107億円-
■三井E&S環境エンジ、し尿処理施設を受注へ -千葉県で、落札金額32億円-
■日鉄エンジ、災害廃棄物処理向け焼却炉を完工 -日量150トンのシャフト式ガス化溶融炉など-
■世界最大級の水素製造施設「FH2R」が完成 -クリーンで低コストな水素製造技術確立を目指す-
■日造、水門工事を受注 -国内2例目の海底設置型フラップゲート式水門-
■東芝、回生電力貯蔵装置を受注 -ダッカ都市高速鉄道向け-
■MHPS、初の水素・ガス混焼GTCCを受注 -インターマウンテン電力向けに84万kW-
■川重、海上輸送用液化水素タンクの搭載を完了 --253℃に冷却、体積を気体の1/800に-
■JFEエンジ、基幹改良工事を連続受注 -神奈川・静岡・茨城で、受注金額200億円-
■JFEエンジ独子会社、廃熱回収ボイラ -ドイツで受注、受注金額100億円-
■住商パワー&モビリティ、新社長に成清住商欧亜中東CIS総支配人補佐
 -幸田社長は退任して、住商中部支社長に-
■JFEエンジ、消化ガス発電事業 -千葉県で20年間-
■日立、海水淡水化システムの実証 -30%以上の省エネと海洋環境負荷低減を目指す-
■タクマ、バイオマス発電設備を連続受注 -中国木材から、発電出力1万kWと1万4,500kW-


【2020.3.10 Vol.461】
■新型コロナウィルスで、世界のエンジ業界にも激震 -在宅勤務など、各社対応を急ぐ-
■ライオンケミカル・ハミガキ工場は、ライオンエンジがばら買い -千代田、清水建設、大成建設などに発注-
■川重~メタ、焼却炉の建設・運営 -東京都で受注へ、落札金額462億円-
■タクマ、焼却炉DBOプロを受注へ -愛知県で、落札金額259億円-
■千代田、子会社のCSTを分割 -IT部門をTISと統合-
■日揮、代替航空燃料の製造・販売で事業化調査 -JAL・丸紅・JXTGと共同-
■月島、BoCrossフィルタを受注 -大研化学製造販売から-
■大成、細胞培養システムを開発 -作業効率の向上に貢献-
■キッツ、パッケージユニット型水素ステーションに参入 -製品の販売・施工を開始-
■MHPS、火力発電所のメンテサービス -タイで受注、12年間-
■IHI、ネシアからボイラ改修工事を受注 -ライフサイクル事業に注力-
■丸紅、英社に出資 -CO2回収技術の事業化で-
■日造、循環型クリーンエネルギー創出連携研究室 -産総研と共同で設立-
■FDTGroup日本支部長が交代 -エンドレスハウザージャパンの小川氏が就任-
■IHI、新社長に井手常務執行役員が昇格 -中計の目標達成とサービス事業の強化に注力
■月島機械、新社長に福沢取締役常務執行役員が昇格 -山田社長は代表取締役会長に-
■b-en-g、新社長に羽田専務取締役 -大澤社長は代表取締役会長に-
■アズビル、新社長に山本執行役員常務 -曽禰社長は代表取締役会長に-
■神鋼環境、次期社長に大濱敬織氏 -粕谷強現社長は相談役に-
■MHIEC、次期社長に菱沼隆之氏 -神野定治現社長は特命顧問に-


【2020.2.25 Vol.460】
■JFEエンジ、S-SBRプラントを受注へ -日本エラストマーから、年度中に-
■住友ケミカルエンジ、レゾルシンプラントを受注 -受注額は17億円、住友化学大分工場向け-
■戸田建設JV、最終処分場建設工事を受注 -福島県で、受注金額48億円-
■重工、4月1日付で組織改正 -重工エンジ社長に寺沢賢二氏-
■日揮グローバル、代取2名体制で -山崎社長・赤羽根副社長で-
■重工グループの伊企業、バイナリー発電所を受注 -伊ターボデン、加「サスカチュアン向け-
■東芝インド法人、下水処理場を連続受注 -建設と、15年間のO&M事業-
■日鉄エンジ、次期社長に石倭行人氏 -藤原真一現社長は取締役相談役に-
■日鉄エンジ、国土交通大臣の「3時間耐火認定」 -球面すべり支承「NS-SSB」で-
■千代田、豪ハゼル社とハゼルプロセスで覚書 -メタンから水素およびグラファイトを高効率で生産-
■日阪、尾道営業所を開設 -船舶用プレート式熱交換器の販売・メンテナンス体制を強化-
■川重、次期社長に橋本康彦氏 -金花芳則現社長は会長に-
■大林、秋田県で洋上風力発電事業 -発電容量14万kW、丸紅などと-
■MHPS、米KBRと協業 -石油残渣焚きプラントの拡販で合意-
■日造、次期社長に三野禎男氏 -谷所敬現社長は会長に-
■神鋼環境、上ヶ原浄水場再整備等事業を受注 -BTO方式の建設・運営、受注金額148億円-


【2020.2.10 Vol.459】
■タイTTCL、出光興産グループ計画のSPS樹脂プラントを受注 -昨年12 月にマレーシアに現地法人-
■日造、秋田で基幹改良工事 -PFI方式で、完工後10年間の維持管理・運営-
■MHIEC、焼却炉DBOプロに着工 -宮城県で、日量140トンのストーカ炉-
■シュナイダー・エレクトリック、MACを受注 -モザンビーク・ロブマLNGプロジェクト向け-
■川重、新型セメント廃熱発電設備 -太平洋セメントから受注-
■千代田、パートナーの米マクダーモットが破産法 -4プロジェクトについては完工まで続行-
■横河、ISASecureSDA認証を取得
 -製品開発ライフサイクルでプラントのサイバーセキュリティを支援-
■タクマ、2,000kW級バイオマス発電設備 -さつま町バイオマス発電合同会社から受注-
■日揮など、次世代航空機燃料のバリューチェーンで検討開始 -使用済み食用油が原料-
■富士電機、新エネ大賞を受賞 -Jパワーと共同で-
■MHPS、ベトナム火力発電所のO&Mを支援 -EVNGENCO3と覚書-
■三菱電機、下水処理場の省エネ運転を実現 -AI活用の曝気量制御技術-
■JIPMとBSIグループジャパンがPAS規格策定で協業 -日本のTPMを世界のスタンダードへ-
■東レエンジ、複合材料用3Dプリンターを開発 -自社開発の「コアシェル法式」コンセプトを採用-
■重工、トロイダル磁場コイルを完成 -核融合実験炉イーター向け-
■MODEC、エクイノールからFPSO受注 -同時に特損も発表-


【2020.1.25 Vol.458】
■IHIプラント、シンガポール向けエバールプラントで受注有力 -FEEDに対応、現地JELも活用-
■TOYO、三井化学市原工場向けPP増設プロを受注へ -今期中、大阪の計画は見送り-
■月島、下水汚泥の固形燃料化事業を受注へ -千葉県で、落札金額96億4,961万円-
■日造子会社、汚泥再生処理センター -福島県で受注、受注金額11億3,000万円-
■日揮グローバル新社長に山崎裕日揮HD副社長 -村元元社長の病気療養で-
■MHPS、ブラジルで発電事業 -出力56万5,000kWのGTCC発電所-
■HZI、オーストラリアでごみ発電事業 -年間処理能力30万トン、出力28.9MW以上-
■MODEC、セネガル沖合向けFPSOを受注 -ウッドサイド社から-
■MHPS、天然ガス焚きGTCC発電設備を受注 -米国で、出力64万kW級-
■住重、住重プラントエンジニアリングを吸収合併 -4月1日付で、CFBボイラ事業などを強化-
■清水、ベトナムで枯葉剤由来汚染土壌の洗浄実証試験 -汚染土壌のダイオキシン成分を95%除去-
■三井E&Sプラントエンジ、JFEエンジに売却 -3月31日に株式譲渡-
■横河、SABICCと戦略的提携 -協業を加速-
■荏原環境、ボイラ水管厚さを自動連続測定 -小型走行型ロボットを活用-
■TTCLベトナム、ミャンマーからオイル・ガスターミナル受注 -受注金額18億円-
■第3回高経年化プラントの維持管理カンファレンスを開催 -6月11・12日、東京・日本科学未来館で-


【2020.1.10 Vol.457】
■日揮グローバル、米エタンクラッカー建設でFEEDを受注
 -シェブロン・フィリップス~カタールペトロリウム合弁から-
■TOYO、露INKからブテン-1プラントを受注へ -エチレン・PEプラントに次いで受注-
■日造、焼却炉プロを連続受注へ -千葉県でDBO、新潟県ではPFI-
■プランテック、ネシアで焼却炉を受注 -DOWAホールディングスの現地法人向け-
■JFEエンジ、日本種イチゴ栽培用温室を受注 -丸紅から、ロシア・モスクワ向け-
■2019年度上期PE成約実績は7割減 -発電が増加も依然、低水準-
■神鋼環境、カンボジアで浄水場を完工 -20年間の上水供給事業-
■JFEエンジ、ガスエンジンのメニュー拡充 -独CES社と販売・アフターサービス契約-
■千代田、ロボティクス技術開発で共同研究 -京都大学と-
■日造、伊藤忠と陸上風力発電事業会社 -青森県で、出力57MW-
■川重、液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」を進水 -世界初、脱炭素化に向けた最初の挑戦-
■日立レール、都市間高速鉄道車両135両(23編成) -英国で車両供給と保守を受注で-
■TOYO、愛知県からバイオマス専焼発電所 -愛知蒲郡バイオマス発電から-
■IHI、木質バイオマス専焼化工事 -鈴川エネルギーセンターから受注-
■水ingエンジ、反応タンク機械設備工事を受注 -北海道札幌市で、受注金額10億円-
■日揮HDなど、FLNGプラントの船体命名式 -ペトロナス向け、マハティール首相も出席-



掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は 株式会社 重化学工業通信社 に帰属します。
ENN編集部