News Record 2014


  TOP PAGE  News Record 企業別  購読・サンプルのお問い合わせ

  News Record 2016  2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004


※掲載文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい。
【2014.12.10 Vol.346】
 ■サムスン重工・サムスンエンジ合併、キャンセルへ -買収価格巡り株主が反対、白紙へ-
 ■重工環境・化学、ストーカ炉の低空気比燃焼技術を開発 -空気比を、1.8 倍から1.2 倍に削減-
 ■TOYO、露ナホトカ向け肥料プロでL/I -正式契約には、なお時間-
 ■日造、焼却炉を受注へ -熊本県で、日量98 トンのストーカ炉-
 ■横河、LNGカナダからMAC -制御システムのFEEDを受注-
 ■富士電機、低圧配電盤メーカー買収 -アジア事業強化に向けて-
 ■住友商事、ベトナムで石炭火力発電所のEPC受注 -蒸気タービンおよび発電機は東芝製を使用-
 ■荏原環境、焼却炉の基幹改良を連続受注 -千葉・埼玉・群馬県で、計115億円-
 ■シーメンス、Hクラスガスタービンを日本で初受注 -神戸製鋼所の真岡発電所向け-
 ■川重、純国産独自技術の水素液化システムを開発 -2016年度の実用化を目指す-
 ■日造、陸上設置型フラップゲート式防潮堤の流水作動確認設備 -堺工場に設置、大流水での作動状況を確認-
 ■商事、ミャンマー・マンダレー国際空港の運営に参画 -30年間の維持管理・運営-
 ■月島環境エンジ、ネシアから廃液・廃ガス処理設備 -現代エンジからアサヒマスケミカル向け-
 ■双日、インドで電化工事を受注 -デリー〜ムンバイ間の貨物専用鉄道向け-
 ■日立、都市交通向け無線信号システムを受注 -シンガポールで、受注金額27億円-
 ■トーヨー・コリア、米からLLDPEプラント -サソール米法人向け-

【2014.11.25 Vol.345】
 ■伊エニ、モザンビークFLNGプラントのFEEDを3Gに発注 -日揮・KBR・Saipem の各グループへ-
 ■タクマ、焼却炉の基幹改良工事を受注へ -埼玉県狭山市で、12 月に正式契約-
 ■三井物産、メキシコでMOU締結 -PEMAXの子会社からCHPプラントに関して-
 ■MHPS、日立工場本館の設計施工管理を日立建設設計に発注 -2015 年2月に着工し、2016 年2月に竣工予定-
 ■千代田、米KBRと業務提携 -酢酸製造プロセスのライセンス販売で-
 ■TOYO、内部熱交換型蒸留システムを実用化 -丸善石化がMEKの蒸留塔に採用-
 ■B-EN-G、森村商事から 「A.S.I.A」 を受注 -海外拠点の販売・会計システムとして-
 ■東芝、電力・配電用変圧器および開閉装置事業を拡大 -インド生産拠点に製造ラインを建設-
 ■JFEエンジ、独エンジ会社を買収 -海外での焼却炉の拡販狙い-
 ■重工、重工鉄構エンジの株式譲渡 -宮地エンジニアリンググループに、51%-
 ■Amec Foster Wheelerが発足 -従業員4万人、売上高55億ポンドの新会社-
 ■アズビル子会社、サウジにバルブ工場 -ソリューション型バルブメンテナンス事業の一環-
 ■MHPS、火力発電所向け排煙脱硝装置を受注 -スペインのイドロカンタブリコ社から-
 ■川重、ガスエンジン発電所建設工事を受注 -静岡ガス&パワーから-
 ■ダッソー、ベルトラン・シコCEOが来日 -顧客重視の姿勢、開発方針などについて言及-
 ■GE、Industrial Internet EXPRESS Forumを開催 -ソフトウェアに3年間で100億円を投資-

【2014.11.10 Vol.344】
 ■TOYO、ナイジェリアからメタノールプラントを受注 -基本設計を契約、2015 年半ばまでにEPCへ-
 ■千代田工商、JX水島製油所第3トッパーの改造を受注へ -Cフェニックス工法で-
 ■メタウォーター、汚泥処理事業を受注へ -愛知県で、受注金額79 億円-
 ■サソール米法人から、TOYO、三造などが受注へ -EP契約でコンプレックス下流設備-
 ■環境省、中央環境審議会地球環境部会を開催 -COP21に先立った約束草案提出に向けて-
 ■千代田、「H2/CO2−FPSO」 でAIP取得 -日本領海で有効-
 ■三菱重工、EU−APWRがEUR認証を取得 -日本メーカーでは初めて-
 ■三造、産業用機械のアフターサービス拠点を新設 -カタールとトルコに-
 ■日揮と千代田グループがそれぞれ受注 -ネシア・タングーLNG増設プロ-
 ■月島、栃木県鹿沼市と協定 -官民連携の 「創エネルギー・廃棄物処理事業」-
 ■ベントレー、「2014Be Inspired Awards」 で日本の2社を選出 -日立GEニュークリアと国際航業が最終選考会へ-
 ■JFEエンジ、貨物専用鉄道の橋梁建設工事を受注 -インドの産業大動脈構想向け-
 ■MHPS、火力発電用ボイラー燃焼試験設備を竣工 -三菱重工と日立の燃焼技術を一体化-
 ■日立、大型淡水化プラントの前処理設備などを受注 -イラク・バスラ淡水化プラント向け-
 ■重工シンガポール子会社、焼却炉増強を受注 -施工は重工環境・化学-
 ■川重中国合弁、ゴミのガス化システムを受注 -中国で、6件連続-

【2014.10.25 Vol.343】
 ■千代田、フリーポートLNGプラントの第3系列を受注へ -年度中に正式契約、課題はLNG偏重の是正-
 ■MHPS、JX向け石油コークス発電設備を受注へ -水島製油所B工場向け-
 ■荏原環境、焼却炉DBOプロ受注へ -長野県で、落札金額242 億円-
 ■荏原環境、焼却炉の基幹改良を受注 -群馬県で、受注金額36 億円-
 ■三井物産、ポーランドで石炭火力発電所を開発 -発電主機はMHPS製を採用予定-
 ■千代田、ロンドンにサブシーエンジ会社設立 -伊サイペム、英エクソダスと合弁-
 ■丸紅、ミャンマー電力省と覚書を締結 -高効率の石炭火力発電所の開発に関して-
 ■横河子会社、制御システムを受注 -英国のゴミ処理・発電事業向け-
 ■GE、中部電力向けにガスタービン効率サービス -発電所の効率発電能力向上-
 ■エネ庁、再エネ導入制度を見直し -太陽光偏重を再検討-
 ■月島、高砂熱学と業務・資本提携 -エネルギー分野での事業規模拡大狙い-
 ■日造、太陽光集光・集熱装置を受注 -MHPSの太陽熱発電プラント向け-
 ■ランディス・ギア、スマートメーターなどを受注 -東芝グループ企業が、ブラジル・ライト社から-
 ■ヒーマ、TUV機能安全プログラムを開催 -来年1月26〜30日、品川で-
 ■ハネウェル、かまど交流イベントを共同開催 -岩手県大船渡市 「ハネウェル居場所ハウス」 で-
 ■第11回コストエンジニアリング 「入門セミナー」 開催 -11月19日、化学エンジ本社で-

【2014.10.10 Vol.342】
 ■TOYO〜トーヨータイ、タイROCからエチレンプラント増設プロ受注 -TOYOが既設を建設、FEEDを受注-
 ■横河電機、マレーシアRAPID計画でMACに -制御システムなどを納入へ-
 ■独シーメンス、ドレッサーランドを買収 -76 億ドルで、2015 年夏までに手続きを終了-
 ■重工環境・化学、焼却炉DBOプロ受注へ -山形県で、落札金額185 億円-
 ■千代田、フィリピンで製油所近代化プロ受注 -シェル・バタンガス製油所向け-
 ■三井物産の合弁会社、モザンビークで石炭火力発電所を開発 -発電主機は中DEC-
 ■日立製作所、欧州原子力研究センタを開設 -英国で9月30日から-
 ■アズビル、バルブメンテナンスセンターを開設 -国内5カ所、国内売上高30%増目指す-
 ■第7回原子力委員会、開催 -世界が求める日本の原子力技術とリーダーシップ-
 ■月島子会社、太陽光発電事業を開始 -栃木県鹿沼市で、年間予想発電量80万kWh-
 ■富士電機、過去最大級のGTCC発電設備を受注 -神戸製鋼所真岡発電プロジェクト向け-
 ■山九、扶桑工業の全株式を取得 -プラント配管工事の強化を狙い-
 ■アルストム梶Aアルヴォス鰍ノ社名変更 -10月1日付で-
 ■日造子会社、焼却炉を契約 -アイルランドで初受注-
 ■東芝、エチオピア電力公社と覚書を締結 -地熱発電ビジネスにおける協業で-
 ■JFEエンジ、南長岡ガス精製・処理設備増強を受注 -INPEX向け-

【2014.9.25 Vol.341】
 ■清水、フラッシュメモリ工場を受注 -東芝から、総投資額400億円弱-
 ■MHPS印子会社、超臨界石炭火力発電所向け発電設備を受注 -インド・タンダ石炭火力発電所向け-
 ■三興、ベトナム・ハノイに駐在員事務所を開設 -ベトナム展開を東南アジア戦略の第2フェーズとして位置づけ-
 ■三菱化学エンジ水島事業所、三菱化学の基幹事業所をサポート -旭化成とのエチレンセンター集約にも協力-
 ■日造〜安藤〜神鋼JV、災害廃棄物の処理業務を受注 -福島県浪江町で、受注金額458億円-
 ■MHPS、日立工場本館を建設 -日立工場では製造ラインを増設-
 ■エンジニアリングシンポジウム2014開催 -統一テーマは 「世界の持続的成長に向けて」-
 ■オートデスク、日本設計と提携 -次世代BIMの実現目指す-
 ■第6回原子力小委員会、開催 -再生処理には国の関与が必要との意見多数-
 ■MHPS、製紙工場向け蒸気タービン発電機を受注 -インドネシア・APP向け-
 ■三造、バイナリー発電設備を初受注 -三國機械工業から、発電端出力52kW-
 ■出光エンジ、本社を移転 -9月29日付で、幕張のWBGに-
 ■日立製作所、エネルギーソリューション事業の体制を強化 -10月1日付で-
 ■ソリッドワークス、概念設計を効率化 -「SOLIDWORKS Mechanical Conceptual」 を販売-
 ■「FDTユーザセミナー2014」、11月11日に開催 -FDTの最新動向から、活用事例まで-
 ■横河電機、超低硫黄ディーゼル燃料プラント向け制御システム受注 -メキシコ・ペメックス向け-

【2014.9.10 Vol.340】
 ■日揮がプラント、五洋〜新日鉄住金エンジJVがバース -相馬LNG受入基地プロ、コントラクター出揃う-
 ■サムスン重工業がサムスンエンジニアリングを吸収 -洋上・陸上プラントのEPCビジネスを強化-
 ■タクマ・日造、焼却炉の基幹改良工事を受注へ -埼玉県と和歌山県で-
 ■MHPS、住友商事からGTCC発電設備受注 -タンザニア・キネレジ発電所向け-
 ■キッツ、新型工業用バタ弁を発売 -二重・三重偏心型-
 ■JFEエンジ、国内初の防爆タブレットを開発 -「iPadミニ」 搭載モデルを販売開始-
 ■日本オラクル、経営クラウド型サービス提供開始 -日本市場では初-
 ■横河電機、地熱発電所向け制御システムを受注 -インドネシア・カモジャン地熱発電所5号機向け-
 ■TOYO、グループの総力を結集 -マレーシア向けエチレンプラント・プロジェクトで-
 ■J−SYS、「BestPRO-原価C3Lite」 を発売 -中小建設業向け工事原価管理システム-
 ■CST、パートナー契約を締結 -インテリジェントP&ID 「テクマスナビ」 で-
 ■アルファラバル、タンタル表面処理プレート式熱交換器を発売 -ライフサイクルコストを最小限に抑制-
 ■IHI、豪TEA向けGTCC発電設備を受注 -オーストラリアで-
 ■川重、GTGプラントを受注 -トルクメニスタンから-
 ■IHI、マレーシアで超々臨界圧石炭火力発電所受注 -1 Malaysia Development 〜三井物産から-
 ■重工、次世代炉開発などの協力に関する実地取決め締結 -フランスで-

【2014.8.10 Vol.339】
 ■日造、焼却炉の基幹改良工事を受注へ -宮城県仙台市で、受注金額90億円-
 ■フィールドバス協会とHART協会が統合へ -両理事会が新協会の設立を推進-
 ■荏原環境、近く基幹改良を受注 -千葉県市原市で、受注金額50億円-
 ■伊テクニモント、米で肥料プロ建設でMOU -パキスタンFATIMAグループと-
 ■千代田、米からLNGプラントのFEED受注 -エクソンモービル〜カタールペトロリウム合弁向け-
 ■月島、長崎県でバイオガス発電を開始 -FITを利用し、20年間の発電-
 ■MHPS、バブコック日立と合併 -10月1日付でMHPSエンジも-
 ■MHPS、H−25ガスタービン受注 -中国・寧波科豊燃機熱電の既存設備向け-
 ■キッツ、魚養殖向け水浄化技術を開発 -2016年度に実用化-
 ■横河電機、「CENTUM」 新バージョンを発売 -アラーム機能、バッチ機能を強化-
 ■東芝、ベトナムで蒸気タービンを受注 -三菱商事〜斗山重工業から-
 ■工業用無線規格ISA100Wirelessユーザセミナ開催 -9月4日、水島で-

【2014.7.25 Vol.338】
 ■TOYO、エチレンプラントを連続受注へ -マレーシアRAPID、米シンテック向け-
 ■コスモエンジ、度会ウィンドファーム建設プロを受注 -エコ・パワーから56億円-
 ■焼却炉の基幹改良、相次ぎ発注へ -荏原環境、重工環境・化学、JFEエンジが受注へ-
 ■MHPSE、トゥルフ石炭火力発電所向け設備受注 -ポーランド・PGEから-
 ■三菱商事、2015年にベトナムで発電所着工 -発電設備はアルストム〜Energy China-
 ■JBIC、総裁定例記者会見を開催 -7月1日付で組織改編を実施-
 ■MHPS、べラマラGTCC発電所向け設備を受注 -バングラデシュ・NWPGCLから-
 ■丸紅、福島県で小水力発電事業を実施 -建設工事元請は日本ファシリオ-
 ■重工〜商事、ドバイの水事業会社に出資 -中東・アフリカ・アジア地域で水事業-
 ■重工、石炭燃焼排ガス対象のCO回収プラント受注 -日米共同のEORプロジェクト向け-
 ■MHPS、「蒸気タービン技術研修センター」 開設 -実機を用いてメンテナンス技術の習得目指す-
 ■日造、子会社を合併 -ニチゾウテックとエイチイーシーエンジニアリング-
 ■日造、汚泥再生処理センターを受注 -長崎県で、受注金額28億円-
 ■PMシンポ、9月4・5日に開催 -慶応の田中浩也准教授などが基調講演-
 ■横河電機、ISASecure EDSA認証取得 -分散形制御システムでは国内初-
 ■住重、バイオマス発電設備を受注 -住商から、総事業費200億円-

【2014.7.10 Vol.337】
 ■マレーシアRAPID計画、5パッケージの発注先ほぼ出揃う
   -エチレンはTOYOが逆転受注の可能性、RFCCは台CTCI〜千代田-
 ■焼却炉基幹改良の入札、相次ぐ -バブ日立、IHI、クボタが受注好調-
 ■住友商事、ガーナでCCGT発電プロジェクトを受注 -発電主機は米GE-
 ■東芝、サルーラ地熱発電所向けタービン受注 -現代建設から-
 ■JFEエンジ、防爆仕様タブレット端末を製品化へ -宮木電機と共同でTIISに申請-
 ■日造、焼却炉を連続受注 -新潟でDBO、群馬・長野で基幹改良-
 ■東芝プラントシステム、発電プラント受注 -タイSPP向けに受注相次ぐ-
 ■新日鉄住金エンジ、大ガスと提携 -タイでのオンサイト型電力・蒸気供給事業で-
 ■三菱重工、超臨界圧蒸気タービンパッケージ3系列受注 -エジプトで-
 ■日造、汚泥再生処理センターを受注 -和歌山県で、受注金額26億円-
 ■日鉄住金P&E、新旧社長が会見 -2015年度、事業規模500億円目指す-
 ■B-EN-G、フィリピンのERP市場に参入 -TD&Cと共同で-
 ■JFEエンジ、ネシア企業と印エンジ部門を買収 -エネルギー、焼却炉分野で-
 ■日造、Cumberlandグループ4社を買収 -中東での海水電解装置の拡販狙い-
 ■MHPS、ガスタービン、蒸気タービンのO&Mに関するMOU締結 -インドネシアで-
 ■IHI、独Steinmuller Engineering社を買収 -褐炭焚きボイラ市場参入を目指す-

【2014.6.25 Vol.336】
 ■MHPS、国内火力発電設備を相次ぎ受注へ -常陸那珂、広野、勿来で-
 ■焼却炉の入札、相次ぐ -IHIと日造が受注好調-
 ■東芝、地熱発電所向け発電設備を受注 -フィリピンで-
 ■昨年9月MOU締結のトルクメニスタン案件、具体化にむけ進捗 -GTL、GTG案件が具体化へ-
 ■千代田、WHEC最高賞を受賞 -SPERA水素技術で-
 ■TOYO、岡山県で太陽光発電設備 -相次ぎ受注へ-
 ■JFEエンジ、LNG受入基地プラント工事を受注 -北陸電力から-
 ■MHPS、GTCC発電設備供給契約を締結 -韓国・抱川火力複合発電所向け-
 ■MHPS、GTCC発電設備受注 -富山新港火力発電所向け-
 ■富士電機、浙江大学と協業センター設立 -中国事業拡大の加速化を狙う-
 ■IHI E&C、尿素プラントの詳細設計・調達を受注 -FEED受注のダコタ・ガスフィケーション向け-
 ■東芝、エネルギー管理支援サービス事業者に採択 -EMSを通じて省エネ化を提案-
 ■日造、高速海底浸透取水方式の海淡で実証 -アブダビで、来年5月まで-
 ■東芝プラントシステム、ベトナム現地法人設立 -2014年6月から営業開始-
 ■神鋼環境の越子会社、排水処理設備を受注 -バリア・ブンタウ省の工業団地向け-
 ■横河電機、火力発電所向け制御システム受注 -インド電力公社から-

【2014.6.10 Vol.335】
 ■トーヨータイとタイ輸出入銀行がプロジェクトファイナンス契約で調印
   -総額1億ドル、タイ輸銀初の民間のミャンマー事業に融資-
 ■日造、焼却炉を受注へ -大阪府寝屋川市で、113億円-
 ■JFEエンジ、災害廃棄物処理業務を受注へ -福島県南相馬市で、受注金額331億円-
 ■重工、トルクメニスタンから肥料プラントを受注へ -すでに契約、発効待ち-
 ■千代田、LNGカナダからFEEDなどを受注 -BC州向け、FIDに期待-
 ■IFSジャパン、プロセス製造業向けに新機能  -厳格な生産管理に対応-
 ■ダッソー、ベルナール・シャーレス社長が来日  -事業戦略などを説明-
 ■日立製作所、日立インフラシステムアジア社発足  -シンガポールで-
 ■MHPS〜韓・大林産業、石炭火力発電設備受注  -フィリピンで-
 ■新日鉄住金エンジ、CGL改造を受注  -タイで、新日鉄住金の現地合弁向け-
 ■月島、ガスホルダを受注  -JFEスチールから-
 ■JEMIMA、指導者向け 「OJT研修」 開催  -人事系教育研修プログラム第一弾-
 ■日造子会社、焼却炉を受注  -英国で、日量624トンのストーカ炉-
 ■新日鉄住金エンジ、DRI技術で提携 -伊Tenova HYL、Danieli & Cと-
 ■東芝、ITER向け超伝導コイル受注 -日本原子力研究開発機構から-
 ■産業オープンネット展、開催 -7月2日に名古屋、4日に東京で-

【2014.5.25 Vol.334】
 ■日揮、佐藤 雅之副社長が会長に昇格 -初の財務畑出身、客観的判断が持ち味-
 ■IHI、相馬LNG向けタンクを受注へ -2月28日に入札実施、実績と価格を評価-
 ■千代田、ソーラーフロンティア東北工場を受注 -総投資額130億円、宮崎工場に続く実績-
 ■新日鉄住金エンジ、高炉改修を受注へ -神鋼の加古川第3高炉-
 ■経産省技術協力課、グローバル人材の育成に力 -インターンシップ事業の拡充で中小企業の海外展開も支援-
 ■東芝プラントシステム〜三菱商事、石炭火力発電所プロジェクト受注 -フィリピンで-
 ■高田工業所、「プロジェクト推進部」 を新設 -東京支店に設置-
 ■新興プラ、6月25日付で組織改正 -メンテナンス技術本部を新設-
 ■横河電機、超臨界圧発電所向け制御システム受注 -サウジアラビアで-
 ■TOYO、トルクメニスタンから石化コンプレックス -現代建設などと共同で-
 ■月島、界面活性剤製造プラントを受注 -ベトナムで、タイのエンジ拠点を活用-
 ■TOYO初の社外取締役に安達元経産事務次官 -総山副社長が取締役会長に-
 ■三井造船、ニソン製油所向け発電設備受注 -ベトナムで-
 ■仏Technip〜日揮〜千代田、露ヤマルLNGプロ受注 -巨大プロジェクトが決着-
 ■日立製作所、ガス絶縁開閉装置事業に関する合併会社設立 -サウジアラビアで-
 ■B-EN-G、新社長に大澤専務が昇格 -6月20日付、石田社長は会長に-
 ■東芝プラントシステム、新社長に松川 良氏 -6月26日付で-
 
【2014.5.10 Vol.333】
 ■MHPS、G形ガスタービン受注 -米国NTE ENERGY社から-
 ■TOYO、瀬戸内メガソーラーを受注へ -230MW国内最大級の太陽光発電、7月にも正式契約-
 ■重工環境・化学、基幹改良を受注へ -京都府乙訓環境衛生組合から随契で-
 ■TOYO、トルクメニスタンからエチレンプラント -4月22日に起工式、正式受注-
 ■日本GE、木質バイオマスのガス化発電を推進 -社内にプロジェクトチーム発足-
 ■世界初のCSMS認証を取得 -三菱化学エンジと横河ソリューション-
 ■日造印法人、焼却炉を受注 -インドで、日量600トンのストーカ炉-
 ■J-SYS、「Infor EAM」 を納入 -アルジェリア国営石油向け-
 ■神鋼、ペレットプラントを技術供与 -FLスミス社の印法人に-
 ■豊通、国際線ターミナル運営事業を契約延長 -ラオスで、5年間-
 ■日揮・竹内会長に藍綬褒章 -エンジニアリング業界の発展に功績-
 ■インフォアジャパン、日本でのビジネスを拡大 -クラウド事業などを強化-
 ■タクマ、下水汚泥の焼却発電システムを開発 -省エネ・創エネ・低コストを実現-
 ■日立、高速鉄道車両を受注 -英国から、497両-
 ■「P2M標準ガイドブック」 改訂3版を発行 -PMAJが監修、プログラムマネジメントを拡充-
 ■ヒーマ日本、TUV機能安全でトレーニングコース -来年1月、東京で-
 
【2014.4.25 Vol.332】
 ■マレーシアRAPID計画、7月にEPC契約 -台CTCI〜千代田などが受注へ-
 ■海外交通・都市開発事業支援機構法、成立 -資金提供、人材派遣で支援-
 ■日造、焼却炉を受注へ -秋田県で、受注金額37億円-
 ■アズビル、三菱化学鹿島事業所向け安全計装システムを受注 -フェノールプラント向けにTRICONEX-
 ■東芝、石狩湾新港発電所向けGTCC発電システム受注 -北海道電力から-
 ■JFEエンジ、LNG受入基地増強を受注 -北電、北ガスから-
 ■TOYO、インドから再ガス化設備を受注 -ムンドラLNG受入基地向け-
 ■B-EN-G、グローバルERPシステム 「A.S.I.A」 を導入 -北川工業向けに海外7拠点-
 ■NEXI、仏Cofaceと再保険協定 -世界96カ国を網羅する包括的スキームを構築-
 ■月島、宮崎市でバイオガス発電事業 -20年間、FITを適用-
 ■MHPS、J形ガスタービンを受注 -米公益電力会社GRDAから-
 ■「Tekla Structures20.0」 をリリース -ビュワーが進化、「SketchUp Pro」 との連携も強化-
 ■重工、洋上風力発電設備専業の新会社を発足 -デンマークで-
 ■オートデスク、各製品で新バージョン -建築・土木インフラ/製造業向けで-
 ■第10回コストエンジニアリング 「入門セミナー」 開催 -コスト把握のための基礎知識力向上-
 ■「実践プログラムマネジメント」 発刊 -評価軸を変えていく新しい構想力の必要性を指摘-
 
【2014.4.10 Vol.331】
 ■MHPS〜丸紅、JICA事業の発電所を受注 -バングラデシュのべラマラ向け-
 ■千代田、昭シェル・昭和四日市石油から不均化装置を受注へ -正式契約は6月、MXなどの増産が目的-
 ■4月1日、業界各社で入社式 -専業大手には、232名の新入社員-
 ■ゴミ焼却炉の入札・契約、相次ぐ -大阪で川重、愛媛でタクマ、大分でバブ日立-
 ■ティッセン、コークス炉を受注 -JFEスチールの倉敷で-
 ■ポスコ建設〜IHI〜丸紅、LNG受入基地を受注 -タイで、受注金額400億円強-
 ■ベントレー、新たに日本ユーザーグループ会発足 -「STAAD Foundation Advanced」 で-
 ■三造子会社、XDIプラントを受注 -三井化学から、年産5,000トン-
 ■B-EN-G、東証一部に上場 -4月4日付-
 ■クボタ、給水配管・上下水処理設備を受注 -ミャンマーで、五洋から-
 ■ブラジルCBC重工業、大型ボイラー設備2缶を受注 -ブラジルで-
 ■新日鉄住金エンジ、独焼却炉メーカーを買収 -欧州でガス化溶融炉の売り込み-
 ■日立製作所、原子炉自然冷却システムを開発 -放射性物質の放出を抑制-
 ■日造、組織改正 -旧アタカは水処理・産業装置本部に-
 ■AEC、スマートインサイトと提携 -パートナー契約を締結-
 ■オートデスク、AutoCAD新バージョンリリース -コラボレーション機能などを向上-
 
 【2014.3.25 Vol.330】
 ■千代田インターナショナル〜米CB&I、キャメロンLNGプロを受注 -受注金額6,000億円の大型受注-
 ■TOYO、ブラジルからアンモニアプラントを受注 -ペトロブラス向け、SETALと共同受注-
 ■三井物産、3Bプロジェクトの優先交渉権を獲得 -マレーシアで-
 ■日造、焼却炉DBOプロ受注へ -上越市から、受注金額192億円-
 ■ハネウェル、プロセス産業向けアラーム管理ソフトを発売 -モバイル端末に対応-
 ■B-EN-G、SAPジャパンのクラウド型CRMを提供 -2カ月の短期間で導入-
 ■横河印法人、統合監視システムを受注 -バンガロール上下水道局向け-
 ■TOYO、印向けLNG再ガス化設備受注に全力 -ペトロネットLNGに次いでムンドラLNGにも注目-
 ■月島子会社、浄化センターの包括的維持管理業務 -千葉市から、受注金額89億円-
 ■月島、長崎県でバイオガス発電事業 -20年間、FITを適用-
 ■三井造船、蒸気タービン発電設備の連続受注 -タイのSPP向けで-
 ■三造、シンガポールから石化設備 -エクソンモービルケミカルから-
 ■神鋼、MIDREX法をライセンス供与 -ルクセンブルクのP.Wに-
 ■三菱日立、新社長に西良一副社長 -4月1日付で、山崎育邦現社長は顧問に-
 ■日造、CO2メタン化開発・調査で 「フェイズ1」 完了 -独自開発の触媒を実証-
 ■三菱重工、天然ガス焚き発電事業の契約を締結 -トルコで出資- 

 【2014.3.10 Vol.329】
 ■住ケミエンジ、アクリル系繊維カネカロン製造プラントを受注 -カネカマレーシアから、投資額90億円-
 ■MHPS、石炭火力発電所拡張工事を受注へ -フィリピンで-
 ■千代田、露ヤマルLNGプロのEPCに参画へ -日揮〜仏TechnipJVに参加することで調整中-
 ■日鉄住金P&E、パイプラインを受注 -西部ガスから、第2工区以降の受注にも意欲-
 ■日揮、中国のプロセス技術 -硫化水素と水硫化ナトリウム製造プロセス技術-
 ■川重、低NOx水素ガス燃焼技術を開発 -30MW級高効率ガスタービンに適用-
 ■東芝、超臨界石炭火力発電所向け蒸気タービン発電設備受注 -インドで-
 ■日鉄住金P&E、米エアープロダクツ社と提携 -国内の水素ステーション建設で-
 ■Saipem〜千代田、洋上ガス処理設備を受注 -インドネシア法人によるJVで-
 ■TOYO、ブラジルから水力発電所関連業務 -ベロモンテ水力発電所向け-
 ■J−SYS、「J+ComFITs」 を受注 -東亜建設工業から-
 ■ダッソー、2014年の事業戦略を発表 -SolidWorks シリーズは、ユーザー層の深掘-
 ■JIPM、「回転機保全ガイド」 を発刊 -高経年設備時代のバイブル-
 ■重工、原子力加圧器の管台取替工事を受注 -スウェーデンで-
 ■三菱電機、新社長に柵山 正樹氏が昇格 -4月1日付で-
 ■トーヨーカネツ、新社長に柳川 徹取締役 -水上 健社長は会長に-

 【2014.2.25 Vol.328】
 ■化工機、第一工業製薬から機能性樹脂材料関連設備 -四日市工場向けを受注、総投資額120億円-
 ■中部電、西名古屋火力7号系列に着工 -発電設備は東芝、建屋は大成、トンネルは鹿島-
 ■ENAA、安全対策支援室設置 -2月10日付で、安全対策で政府関連機関と相互協力-
 ■クウェートKNPC、クリーンフューエルプロジェクトを発注 -3パッケージを日揮などに発注、正式契約は3〜4月-
 ■日揮〜韓サムスン重工業、マレーシアからFLNGプラント -日本企業で初のFLNGプラント-
 ■B-EN-G、MC FrameとA.S.I.Aをタイに納入 -帝国通信工業のタイ拠点事業統合で-
 ■日立子会社、高速窒素除去システムを完工 -ランニングコストを70%削減-
 ■横河、ワイヤレス対応のアダプタを開発 -ISA100ワイヤレスマルチアダプタ-
 ■韓国横河電機、制御システムを受注 -ウルグアイ初のコンバインドサイクル発電所向け-
 ■NAC社、廃炉向けキャスク24基を受注 -米国で-
 ■MHPS、GTCC発電設備の長期保守契約受注 -英国スコティッシュパワーから-
 ■東芝、電力用変圧器工場の生産開始 -ロシアで-
 ■日揮、製油所改造プロジェクトを受注 -シンガポールSRCから-
 ■東芝、グローバルエンジニアリング・製造センター完成 -京浜事務所で-
 ■新日鉄住金エンジ、高炉改修を受注 -インドでは初、丸紅と-
 ■JFEエンジ、メガソーラーを受注 -福島県で、設備容量26.2MW-

 【2014.2.10 Vol.327】
 ■TOYO、米からアルファオレフィンプラントを受注へ -客先FID後に、受注金額600億円-
 ■JFEエンジ、ストーカ炉を技術改良 -コンパクト化で、コスト削減目指す-
 ■千代田、今期受注目標6,000億円に向けてラストスパート -北米2案件がカギ-
 ■荏原環境、焼却炉を標準化 -標準モデルを叩き台に、コスト削減-
 ■重工、米国向け初のJ形ガスタービンを受注 -米国オクラホマ州の公益電力会社から-
 ■タクマ、CFBボイラを受注 -中国木材から、蒸気発生量は毎時13トン-
 ■三菱商事、石炭火力発電プラントを受注 -フィリピンで-
 ■神鋼、圧縮機と熱交換器を受注 -東ガスの水素ステーション向け-
 ■三菱日立パワーシステムズ、グループを発足 -国内9社、海外49社、計58社-
 ■日立パワーシステムズアメリカ、脱硝装置を受注 -米国電力会社から-
 ■横河、オンラインプラントシミュレータを開発 -「ミラープラント」 を今年4月から提供開始-
 ■重工、日立と分散型発電システム事業で協業 -中国で-
 ■IHI、小型バイナリー発電装置を受注 -長野県の温泉ホテル向け-
 ■横河、EDSA認証を取得 -安全計装システム 「Prosafe-RS」 で-
 ■鹿島、タブレットPCによる風化変質判定システムを開発 -南久保山トンネル新設工事で適用-
 ■竹中、可搬型の広視野角視覚シミュレータを開発 -重量50kgに軽量化-

 【2014.1.25 Vol.326】
 ■日立、JSRタイ法人から合成ゴムプラントを受注 -タイで積極営業、受注相次ぐ-
 ■日揮、マレーシアからLNGプラント向け若返りプロを受注へ -MLNG社から、受注にはJPIも協力-
 ■日揮、カナダで初の大型LNGプラント建設プロを受注 -シェブロン・カナダから、今期受注額は推定500億円規模-
 ■日造、焼却炉の映像収集システムを開発 -「maronシステム」、すでに4件の実績-
 ■千代田、米CB&Iと北米プロで協業 -北米LNGプロで、体制強化-
 ■東芝、英国NuGen社の株式60%取得 -「AP1000」 3基の建設を目指す-
 ■東芝、インドに新会社を設立 -火力発電事業の体制を強化-
 ■重工、シンガポールに金融子会社を設立 -米国に次ぎ2社目-
 ■化学エンジ、新社長に福村常務が昇格 -深尾社長は顧問に-
 ■東芝、地熱発電所向け発電システム受注 -トルコ・アラシェヒル地熱発電所向け-
 ■横河、ヤマルLNG向け制御システムを受注 -欧州法人から-
 ■重工、トルコ原子力IPP推進室を設置 -2月1日付で-
 ■日立、新社長に東原敏昭専務 -4月1日付で-
 ■東芝、インドでT&D事業買収完了 -新会社設立で事業を展開-
 ■三菱日立、サイジングプレスを受注 -印JSWスチールから-
 ■JEMIMAが、「安全計装ワークショップ2014」 開催 -3月13日きゅりあん (品川区立総合区民会館) で-

 【2014.1.10 Vol.325】
 ■千代田、モザンビークに駐在員事務所 -モザンビークとタンザニア市場をカバー-
 ■TOYO、今期受注目標達成にめど -通期目標3,300億円、下期は米露などで受注へ-
 ■JFEエンジ、焼却炉を受注へ -高知県で、落札金額69億円-
 ■神鋼環境、焼却炉DBOプロ受注へ -宮城県で、落札額188億円-
 ■テクラ、BIMsight1.9を発売 -DBOのワークフローを効率化-
 ■横河電機、海水淡水化プラント向けDCSを受注 -サウジ向け逆浸透膜海水淡水化設備-
 ■千代田、米からLNGプラント建設の一部を受注 -フリーポートLNGでCB&Iと協業-
 ■月島、本社オフィスを移転 -東京都中央区晴海に-
 ■JEMIMA、英GAMBICAと覚書 -人材派遣、情報交換などで協力-
 ■キッツ、印バルブメーカーを買収 -インドでの拡販狙い-
 ■PWPS、ガスタービン発電機を受注 -アルジェリア・ソネルガス向け-
 ■日立、エネルギー事業統括本部を新設 -1月1日付で-
 ■三菱日立パワー、会社概要を発表 -設立は2月1日に延期-
 ■日造、次世代型煙突を開発 -煙突外壁を軽量化、構造安全性を向上-
 ■日立、英国政府との協力に合意 -原子力発電所における外部資金調達で-
 ■川重、ベトナム製油所向け圧縮機を受注 -JGCSコンソーシアムから-




掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は鰹d化学工業通信社 に帰属します。
ENN編集部