Cover Story 2020



   TOP PAGE  購読・サンプルのお問い合わせ

   Cover Story 2019 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007
   2006 2005 2004

※本文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい。

 【2020/7/25日号】
連続受注を支える日鉄エンジ・ガス化溶融炉の技術力
低炭素・NOx運転を実現、運転の省人化も
 日鉄エンジニアリングのガス化溶融炉がここ3年間、受注好調だ。現在、千葉県千葉市、東総地区広域市町村圏事務組合、静岡県浜松市、広島県広島中央環境衛生組合でそれぞれプラントを建設している他、千葉県木更津市でも近く、PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)によるごみ焼却炉の建設・運営事業を受注する。そんな好調な営業活動を支えているのが技術力だ。昨年には低炭素・NOx運転を可能にした技術改良により環境に配慮した。今後は、人工知能(AI)やIoTを活用して、運転の省人化を目指す。

 【2020/7/10日号】
「ウイズ・コロナ」の時代のプラント運転管理に一石を投じた月島機械
感染拡大の中で、上海市向けプラントの試運転を遠隔で実施
 今年5月、新型コロナウイルスの感染が拡大している時期、月島機械は上海市向け下水道関連機器・設備を完工した。しかし、その後の試運転に日本から運転指導員を派遣することができず、現地パートナーを活用しながら、試運転を遠隔で実施している。しかし遠隔での試運転には、サイトで得られる五感での体験が得られないなどの問題も浮上した。月島が実施した遠隔での試運転は、遠隔によるプラントの運転管理に一石を投じたと言えるだろう。

 【2020/6/25日号】
日造、ニッスイグループと「米子陸上養殖センター」を竣工
水処理分野の新規事業として陸上養殖システムに着目、高付加価値化も狙う
 日立造船はこのほど、日本水産(ニッスイ)およびニッスイの連結子会社である弓ヶ浜水産と共同で、「米子陸上養殖センター」を竣工、5月下旬から稼働を開始した。日造と養殖センターは一見、結びつきにくいかもしれないが、陸上養殖センターには、日造が培ってきた水処理技術のノウハウを活用できる。わが国の上下水処理施設市場が成熟している現在、水処理による新規分野の開拓は日造にとっても大きな意味を持つ。

 【2020/6/10日号】
福島ガス発電、1号機が営業運転を開始
JAOPEXが主体的に建設・運営、初の発電事業
 石油資源開発(JAPEX)LNG基地の隣接地に建設されていた、福島ガス発電(FGP)プラントが、営業運転を開始した。JAPEXが主体的に運営するFGPだが、JAPEXにとって、初の発電事業となった。プラントの建設から操業に至るまで、JAPEXが主体的に取り組んだが、建設ではこれまで無事故・無災害を記録している。これから営業運転が本格化するが、O&M(操業・メンテナンス)についてはアウトソーシングする。初めての発電事業に取り組んだJAPEXだが、営業運転の開始により大きな一歩を踏み出した。

 【2020/5/25日号】
「グローバル水素サプライチェーン事業実証」が本格化
千代田などによる脱水素プラントが川崎で稼働
 クリーンエネルギーとして注目される水素。千代田化工建設は脱水素の触媒を開発したことから、有機ケミカルハイドライド法の一つであるMCH-LOHC法による水素の利活用技術の確立に取り組んできた。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成を受け、2017年7月には、三菱商事、三井物産、日本郵船とともに、AHEAD(次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合)を設立して、その実用化を目指してきた。

 【2020/5/10日号】
地域と共生する五島市クリーンセンター
プランテックが建設、ゴミ焼却施設内部で市民の環境意識を向上
 長崎県五島市は長崎の西方100㎞に浮かぶ大小合わせて152の島々から成る。自然に恵まれているが、この五島市に昨年11月に竣工したゴミ焼却施設「五島市クリーンセンター」は、地域との共生を意識している。施設は、明るいエントランスホールを持ち、2・3階にある見学者通路では、中央制御室や炉内の燃焼状況が見学できるほか、ゴミ焼却の技術的説明から環境意識の重要性を訴えるためのポスターが掲示されている。

 【2020/4/25日号】
システム建築で短工期・低コストを実現、日鉄エンジの物流施設
アイ・オー・データ機器向け能美物流センターを完工
 ここ3~4年間、物流施設の受注が好調な日鉄エンジニアリングだが、その競争力の源泉がシステム建築だ。耐震部材から施設そのものまでを標準化することで、工期短縮とコストダウンを図っている。 昨年1月に完工したアイ・オー・データ機器向け能美物流センターにも、2階建て低層物流施設向けシステム建築「NSスタンロジ」を採用。短工期と低コストで建屋の高い耐震性と、効率的な物流を実現した。

 【2020/4/10日号】
オールTOYOで大型エチレンコンプレックスを完工
マレーシアRAPID向けに年産130万トンの大型プラント
 プロジェクトが大型化する昨今、計画されているエチレンプラントの生産規模も年産130~150万トンへと巨大化している。これら巨大プロジェクトは、プロジェクト遂行が難しいが、これだけの大型プロジェクトに対応できるコントラクターは世界でも限られている。このため、巨大プロジェクトの実績が差別化戦略にもつながる。そんな中で東洋エンジニアリング(TOYO)はマレーシア・ペトロナスが計画するRAPID向けエチレンコンプレックスで、大型プロジェクトで実績を上げた。今後も事業の飛躍につながることが期待される。

 【2020/3/25日号】
清水、ベトナムで枯葉剤由来汚染土壌の洗浄実証試験
独自の洗浄技術で平均除去率95%達成
 清水建設は昨年12月、ベトナムのビエンホア空港で、枯葉剤由来のダイオキシン汚染土壌の浄化実証試験を完了した。ベトナム戦争時に散布された枯葉剤に起因するダイオキシン汚染土壌の浄化についての実証試験で、清水は独自の土壌洗浄技術の実証とPRを目的に、自己資金でオンサイト型土壌洗浄プラントを建設。汚染濃度の異なる複数の土壌試料約900トンを洗浄処理した結果、ダイオキシン除去率は平均で95%を達成した。実証試験の成果はベトナム・米国両政府に報告し、今後は本格除染事業への採否が両政府で検討されることになる。

 【2020/3/10日号】
進化する三菱化工機の水素事業
水素製造装置からCO2フリーの水素製造へ
 地球温暖化が深刻化するのに伴い、水素社会をいかに確立するかが、社会的にも重要課題となっている。三菱化工機も、水素社会の確立に取り組んでいる企業の一社だ。1999年に水素製造装置を発売し、最新の「HyGeia-A」はコンパクトで、効率の良い水素製造を可能にしている。この「HyGeia-A」を活用した水素ステーションの実証を自社内で進め、その普及にも力を入れる。さらに下水バイオガス原料の水素創エネやCO2フリー水素の製造にも取り組み、水素事業は確実に進化している。その進化が、低炭素社会の実現にも大きな役割を果たしている。

 【2020/2/10日号】
川重、トルクメニスタンにGTGプラントを完工
世界初、天然ガスの高付加価値化に貢献
 川崎重工業はこのほど、トルコの建設会社ルネッサンス社とともに、トルクメニスタンに世界初のGTG(ガス・トゥ・ガソリン)プラントを完工した。世界第4位の天然ガス埋蔵量を誇るトルクメニスタンだが、天然ガスの高付加価値化は重要な国策でもある。また重金属や硫黄分を含まないうえに、化石燃料の中でもCO2含有量が少ない天然ガスは近年、クリーンエネルギーとしても注目される。その天然ガスから直接、ガソリンを製造するプラントが完工したことは、今後のエネルギー供給にも影響を与える可能性がある。今回のGTGプラントの完工の持つ意義は大きい。

 【2020/1/25日号】
JFEエンジニアリング、ベトナムに初の下水処理プラントを建設
現地企業SEEMとの連携重視でコスト競争力を強化
 JFEエンジニアリングがリーダーとして受注したベトナムの下水処理プラント建設工事が2019年末に完了。その後、試運転に向けた下水の受入準備が進められている。ベトナムでの下水処理プラント建設1号案件の受注を勝ち取ったものの、プロジェクトの遂行は一筋縄では行かなかった。英語が通じない現場では意思統一のコミュニケーションに苦労するとともに、2度の大規模な冠水被害や杭打ちのトラブルにも見舞われた。それでも、JVを組む現地エンジニアリング会社のSEENと、たった2人の日本人社員の存在が、プロジェクトを成功へと導いた。




掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は ㈱重化学工業通信社 に帰属します。 ENN編集部