News Record 2005


  TOP PAGE  News Record 企業別  購読・サンプルのお問い合わせ

  News Record 2016  2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004


※掲載文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい。
2005.12.10  ■千代田、カタールガスV・カタールガスWを連続受注へ -12月にL/I、1月に正式契約-
Vol.148  ■重工、新日石仙台向け発電設備で日立H25を採用 -中型ガスタービンで3基導入-
 ■タクマ、清掃工場受注へ -吹田市より、受注金額205億円-
 ■TEC、シェル向けエチレンプラントのFEED受注 -シェル石化案件で初、ABBルーマスと共同-
 ■清水、電子デバイス工場向け省エネ事業に進出 -自社開発のシステムでデータを一括管理-
 ■新日鉄、パイプライン敷設工事を受注 -インドネシアで、受注額30億円-
 ■昭和エンジニアリング、新社長に関谷紘一氏 -2006年1月4日就任-
 ■日本オラクル、本社ビルを購入 -北青山に建設予定-
 ■IHI、JELから主要事業を譲受 -海外工事のマネジメント力強化を狙い-
 ■日本プロジェクトマネジメント協会、発足 -11月24日より事業開始-
 ■JFEら、DMEの利用技術で協業 -東京電力、三菱化学と-
 ■日揮OB松村眞著、エンジニアが書いた環境エッセイ -4年に渡る連載を大幅に加筆修正-
 ■日揮、中国でGMP講座を開設 -中国医薬業界との関係強化を狙い-
 ■日揮らのCDM事業、中国政府が承認 -今後は国連の審査・登録待ち-
 ■ベントレー、ビュワーフリーダウンロード開始 -Navigator Free Virsionで-
 ■川口克己著、22のホンネ -ビジネスマンの疑問に回答-

2005.11.25  ■日揮・千代田、JOMOなどから鹿島向け設備受注 -日揮はFCC系、千代田はパラキシ系設備-
Vol.147  ■MROソフト、05年度業績好調 -国内では神鋼加古川向けEAMシステム受注へ-
 ■関電ら、下水処理場消化ガス発電事業を受託へ -大阪市で、PFI方式にて-
 ■IHIら、LNG受入基地増設工事を受注 -静岡ガスから、受注額200億円-
 ■神鋼、DRプラント拡張工事の設計を受注 -子会社を通じ、アルゼンチンで-
 ■カワサキプラント、太陽光電池Sを受注 -川重製大型ニッケル水素電池を採用-
 ■三造、ASR処理プラントを完工 -東北東京鉄鋼向け-
 ■新日鉄、神鋼の高炉改修工事を受注 -炉容積を5,400m3に-
 ■スチールプランテック、間接加熱式石灰焼成炉を実用化 -石灰資源の有効活用-
 ■b-en-g、Open Cloudと業務提携 -JAIN SLEE準拠のアプリケーションサーバ「Rhino」-
 ■富士電機システムズ、中国に新会社設立 -誘導炉設備の製造・販売会社-
 ■三菱電機、世界初PEFC用評価シニュレータ -プロトン伝導性定量的シミュレーションに成功-
 ■住商〜ABB、油田開発用大型通信システムを受注 -受注金額40億円、アラムコから-
 ■MRO、EAMセミナーを開催 -12月8日に東京、9日に福岡で-
 ■荏原、変圧器処理設備を受注 -日本初の真空加熱分離法-
 ■明電舎、シーメンスと業務提携 -日本での固体酸化物形燃料電池事業-

2005.11.10  ■三菱レイヨンエンジ、トクヤマ中国法人からプラント受注 -乾式シリカプラント、総投資額約30億円-
Vol.146  ■JGCシンガポール、エチレンプラント分解炉受注 -マレーシア・タイタン向け-
 ■IHI、米カンザスシティに拠点設立 -中西部石炭火力発電プロジェクト発掘へ-
 ■竹中、半導体研究開発・生産拠点を受注 -横河から、総投資額250億円-
 ■重工、高炉ガス焚きGTCC向けガスタービン発電設備を受注 -中国の製鉄所向けで5件目-
 ■オートデスク、受注設計用ソフトメーカー買収 -受注設計機能の強化を狙い-
 ■千代田、中間決算業績予想を上方修正 -今期連結受注高6,000億円-
 ■横河、オランダの石油精製会社から生産制御システムを受注 -欧州最大規模の製油所向け-
 ■横河、中国で現地法人設立 -2010年中国の計測関連市場でシェア30%へ-
 ■キッツ、販売価格を値上げ -今年12月1日出荷分から-
 ■重工、原子炉冷却材ポンプを受注 -中国秦山U期原子力発電所3・4号機向け-
 ■重工、橋梁事業を分社化 -設計・製作・建設機能を統合-
 ■重工、米でピープルムーバー受注 -受注金額215億円-
 ■JIPM、2005年度自主保全士検定試験を実施 -一万人以上が受験-
 ■FC EXPO 2006、来年1月25〜27日に開催 -2万人以上の来場を見込む-
 ■重工、GTCC発電設備を受注 -アイルランド向けは初-

2005.10.25  ■千代田、カタール向けアルカリージUプロ受注へ -近く正式契約、フェーズTに続く大型プロ-
Vol.145  ■トーヨータイ、ビニタイからVCMプラント-苛性ソーダプラントに続き、受注相次ぐ-
 ■出光エンジ、Dr.PLANTの新システムを開発 -メンテの「中流」業務に進出-
 ■日揮〜KBR、ペルー向けLNGプロジェクトの見積作業開始 -ペルーLNG社より、年産445万トン設備-
 ■アヴィバ、VNET3.3をリリース -プロジェクト実施中にも使用可能-
 ■FW、筆頭副社長にGANZ氏 -アスベスト訴訟対策で法務部門強化-
 ■三菱日立ら、CGLなどを受注 -住金より、総投資額250億円-
 ■石川島プラント建設、LNG受け入れ基地を受注 -新日本石油「八戸LNG基地」向け-
 ■川重冷熱工業、世界最高の省エネルギーを達成 -三重効用ガス九州冷温水機を商品化-
 ■JFE・新日鉄、パイプライン建設工事を受注 -インドネシアで、合計受注額は370億円-
 ■オートデスク、エプソンと提携 -CADセットモデルの販売で-
 ■ITエンジ協賛セミナー、開催 -11月21日に、大阪で-
 ■Hitz、トルコ向けS掘進機1号機完成 -タイなどアジアでの受注を狙う-
 ■三菱重工、蒸気タービンを受注 -米国向け初の超臨界圧蒸気タービン-
 ■Hitz、津波・高潮対策用陸閘自動化装置を納入 -三重県に5件-
 ■三菱電機、近郊通勤電車向け推進制御Sを受注 -米で双日米法人と、受注金額80億円-

2005.10.10  ■重工、韓国にストーカ炉を技術供与 -サムスン物産向け、韓国の需要にソフトで対応-
Vol.144  ■TEC、将来の盛衰を決める受注に意欲 -シェル・シンガポールエチレン増設FEED受注間近-
 ■日揮、カタールから世界最大のGTLプラント -コストリインバース方式、総事業費60億ドル-
 ■千代田、カタール向けLNGプロを総なめの勢い -RASGASV(780万トン×2系列)を受注-
 ■WH社買収で入札 -重工、斗山などが応札-
 ■ササクラ、海淡装置を受注内定 -サウジで、受注金額208億円-
 ■IHI、LNGタンクを受注 -インドで、受注金額は60億円-
 ■ARC、セーフティシステムのセミナーを開催 -11月29日、東京アメリカンクラブで-
 ■PMCC、第7回PMS合格者を発表 -合格率43%、産業システム系が最多-
 ■日本勢、石油・天然ガスの開発権を落札 -リビアで、日本勢では初-
 ■重工、ガスエンジン発電設備を受注 -タイで、受注金額十数億億円-
 ■中電、バイオマス向けエンジンの実証に着手 -米国製、丸紅と共同で-
 ■東芝、ハノイに駐在事務所を開設 -ベトナムで社会インフラ事業の拡大を目指す-
 ■JFEエンジ、水和物スラリの専門組織を設立 -2008年度に売上高50億円目指す-
 ■横河、ダイセル化学工業と協業 -P産業向け知的生産支援C事業で-
 ■日立製作所、エジプト大型蒸気タービン発電設備を受注 -住友商事と共同受注で3年ぶり-

2005.9.25  ■新日石、仙台製油所高付加価値化プロ -受注企業出揃う、TEC、化工機、重工など-
Vol.143  ■東ガスエンジ〜石川島プラント建設、八戸LNG基地を受注 -新日石2基目の基地建設が着工へ-
 ■IHI、東邦ガスからタンク受注 -造成工事は鹿島、気化器は神鋼-
 ■新日鉄、製鉄プラント事業の体制見直し受注 -戸畑工場を解体、今後はエンジ業務に特化-
 ■日揮らJV、ベトナムで追加受注 -原油タンクなど、受注金額460億円-
 ■重工、中国でGT主要部品の生産開始 -中国向けGT販売、サービス事業に注力-
 ■SAPジャパン新社長にロバート・エンスリン氏 -中小企業に照準-
 ■スチールプランテック、電気炉受注へ -東京製鐵から-
 ■MRO、EAMのトッププロバイダーに -ガートナー社の調査より-
 ■日本オラクル、建設エンジERPでユーザー会 -140名が参加-
 ■ベントレー、2次元CADを学生らに無償配布 -将来のユーザー獲得へ-
 ■新日鉄、PFを連続受注 -タイ、インドネシアから-
 ■山武、本社などを移転 -AAカンパニーは品川に-
 ■IHI、大型GEで世界最高効率を達成 -新潟原動機と、発電効率47.6%-
 ■Hitz、中国で脱硝設装置を受注 -中国初の大型石炭火力-
 ■JFEエンジ、リサイクル事業のメニュー拡充 -仙台で新工場を建設-

2005.9.10  ■日揮、新日石仙台製油所向けCCR受注 -仙台製油所高付加価値化の一環-
Vol.142  ■チッソエンジ、タイ・プラスチック向けにPVCプラント受注 -チッソプロセス提案で受注を引き寄せる-
 ■日揮、カタールからGTLプラント受注 -すでに設計開始、正式契約へ-
 ■伊テクニモントがマリレ・エンジニアリング社傘下に -近く正式に決定-
 ■三造、住化シンガポールMMA受注 -第1期に続き、第3期増設-
 ■IHI、アルジェリアでボイラ受注 -伊藤忠と、受注金額130億円-
 ■鹿島、大成、PFI案件受注 -八千代市、山形県で-
 ■Hitz、清掃工場の管理運営業務受託 -倉敷市で、受託金額56億円-
 ■日揮、KBRと新ガスアライアンス -LNGプラントとGTLで-
 ■日揮、サウジで発電・造水などの事業権獲得 -プラントは重工に発注-
 ■三井造船、1,000kW級ガスタービンを商品化 -熱電可変が可能な再生サイクルシステムは世界初-
 ■横河、生産制御システムを受注 -インドで、受注金額120万ドル-
 ■三菱重工、フランス原子力発電向け初受注 -原子力発電設備の主要機器の供給は日本初-
 ■MROソフト、メンテナンスセミナーを開催 -10月5・7日に、本誌編集長も講演-
 ■日揮ら、中国でCDM事業契約を締結 -世界最大規模のCDM案件-
 ■TEC、大型EGプラント受注 -サウジでは4機目-

2005.7.25  ■日揮、帝人化成から中国浙江省PCプラント第二期受注 -第一期に次ぐ計画-
Vol.140  ■千代田、中国貴州向け酢酸製造プラントでEPC受注 -ACETICA技術による第一号プラントを建設-
 ■清水、大型液晶テレビ向けパネル工場を受注 -シャープから連続受注、総投資額1,500億円-
 ■GS建設〜SK建設、タイアロマティクスからプラント -韓国勢同士のコンソーシアムで大型実績-
 ■アヴィバ、新造船・オフショア設計・生産S開発 -造船システムとPDMSの機能を融合-
 ■インターグラフ、SINOPECと提携 -長期間の戦略的アライアンス-
 ■BNFL、ウエスチングハウス売却を決定 -三菱重工業が最有力、初のM&Aになるか-
 ■大林、建設発生土の改良技術を開発 -東京ガスと共同で-
 ■IHI、米向けボイラーで初実績 -オマハ公営電力向け-
 ■神鋼、熱エネルギーの輸送技術を開発 -神鋼環と共同で-
 ■清水〜IHI、3次元免震Sを開発 -上下・水平方向の揺れへの対応は世界初-
 ■エン振協、第25回功労者賞授賞式を開催 -熊谷などが受賞-
 ■Hitz、ガス化溶融炉を技術供与 -韓国社に、年間2件の受注狙う-
 ■PCエンジ、29日にセミナー開催 -インターグラフの計装設計Sをテーマに-
 ■山武、先端技術研究開発施設を藤沢工場内に -産業・ビルの知見を融合-
 ■能率協会、8/4にセミナー開催 -RoHS指令の最新動向と対策-

2005.7.10  ■重工、チリ、アイルランドからガスタービンコンバインド -エンデサ・チリ、ビリリアントパワーから-
Vol.139  ■千代田、グリース・潤滑油工場を受注 -新日石から、総投資額88億円-
 ■エン振協、理事長に関 千代田社長が就任 -エンジ業界を若手に魅力ある業界に-
 ■韓POSCO、インドに大型製鉄所  -投資額120億ドル、わが国プラントメーカーの事業機会は限定的-
 ■JIPM自主保全士検定試験、申込み開始 -申込みは7月29日(金)まで-
 ■各社株主総会実施 -エンジ3社でも滞りなく終了-
 ■重工、灯油燃料のPEFCのF実証試験を開始 -新日石と共同で、2006年度の実用化目指す-
 ■日立プラント、医薬品工場を納入 -海外向け医薬品工場のトータル受注は初-
 ■産機工業、東京都からの汚泥焼却炉を受注 -受注金額16億円、日量50トン-
 ■2次元CADを年間20万円で提供 -ベントレーがMicroStationPDパックで-
 ■川重、洋上天然ガス圧縮設備を受注 -マレーシアで、累計受注実績は48基-
 ■重工、取替用上部原子炉容器を出荷 -米国向け、累計で10基目-
 ■Hitz、機械式立体駐車場を受注 -超高層マンション向け-
 ■川重、地下鉄電車80両を完納 -NYCT向けの納入実績は1,365両に-
 ■昭和エンジ、仏ヴォエリア社と提携 -排水処理など環境関連事業で-
 ■三造、バイオエタノール実証プラントを完工 -岡山で、NEDOの実証実験事業-

2005.6.25  ■コスモエンジ、マレーシアからオイルターミナル受注 -英トレーダーから20億円-
Vol.138  ■重工、韓国から相次ぎ発電設備受注 -後続案件にも期待、忙しくなる高砂製作所-
 ■清水、土壌浄化事業を受注へ -旭ガラスから、総額50〜60億円-
 ■エン振協 新理事長に関 誠夫 千代田社長が就任 -千代田からの就任は9年ぶり-
 ■三造、高密度ポリエチ製造プラントを受注 -イランで、総事業費250億円-
 ■三菱化工機、水素PSA装置の販売契約を締結 -日本、中国などアジア8カ国で販売-
 ■新日鉄、製鉄プラント向け環境設備を受注 -中国で、CDQと転炉OG設備-
 ■Hitz、アセテート・トウ製造プラント受注 -ダイセル化学から-
 ■大林、エンジ本部を建築本部に統合 -提案力強化、コストダウンを狙い-
 ■物産、英国で大型ガス複合火力発電所を買 -英インターナショナル・パワー社と共同で-
 ■ユーラスエナジー、韓国の風力発電事業に参画 -韓国最大のウィンドファームプロジェクト-
 ■住金、工場向け規格型システム建築を開発 -軽量H形鋼を採用、年間180棟の受注目指す-
 ■三造、大型往復動コンプレッサ6台を受注 -ロシアの製油所向け、受注金額25億円-
 ■千代田、中国に現地法人 -上海に設立へ-
 ■三井化学エンジ、人事異動 -新社長に現市原工場長、竹内氏-
 ■千代田、横浜市から環境保全活動賞 -環境活動が評価受ける-

2005.6.10  ■トーヨータイ、信越化学米法人から電解プラント -アメリカ向け初実績-
Vol.137  ■大成、医薬品エンジで英AMECと提携 -ケミカルハザード技術の情報提供などで-
 ■TEC、シンガポールシェルエチレン建設でFEED受注へ -シェルから初実績、蘭ハーグで業務を開始-
 ■千代田、カタールガス3LNGプラントFEED受注 -カタールLNGプロジェクト総嘗めの勢い-
 ■重工、サウジからメタノールプラント -ARRAZI向け、受注金額約400億円-
 ■日揮、ベトナムで大型精油所を受注 -受注総額1,600億円-
 ■イラク、サマーワ市に大型発電所 -緊急無償資金協力約127億円-
 ■JFEエンジ、灰溶融炉を受注 -佐世保市で、受注金額34億円-
 ■神鋼環、バイオマス廃棄物処理施設を受注 -大分で、自治体向けでは国内最大級-
 ■Hitz、6月1日付で調達組織を刷新 -一括調達で調達コスト圧縮を狙う-
 ■ベントレー 「Micro Station PDバリューパック」を発売 -年間20万円の超特価-
 ■山武、上海現法がエンジSを開設 -現場計器、調節弁などが対象-
 ■重工ら、鉄道システムを受注内定 -UAEで、総投資額3,600億円-
 ■巴バルブ、本社引越し -原点回帰で営業は6日から-
 ■神鋼、中国で直接還元製鉄事業に進出へ -総投資額1億ドル、最短で来年3月に着工-
 ■ITエンジがセミナーを開催 -CSR向上に向けたITガバナンス対策-

2005.5.25  ■イランNIOC、LNGプラント建設でTECに白羽 -パートナー選びなど、TECは慎重-
Vol.136  ■PMCCとJPMFを統合へ -エンジ・建設業界へのP2M普及が目的-
 ■オートデスク、ソリューションデイ開催 -カール・バスCOOが講演-
 ■東芝、米から蒸気タービン受注 -ガスタービンコンバインドサイクル発電向けをカルパイン子会社から-
 ■トーヨータイ社長に入谷新社長が就任 -杉浦元社長は退任-
 ■東レエンジ、新社長に中村時夫東レ理事 -氏家淳一社長は会長に-
 ■三造、シンガポールからメタセシス設備 -PCSから受注-
 ■JFEエンジ、空気浄化Sのメニュー拡充 -高濃度物資対応の光触媒空気浄化システム-
 ■b-en-g、中国合弁企業を設立 -グローバルSCM構築支援体制を確立-
 ■インターグラフがセミナーを開催 -来る6月10日、先着50名-
 ■IHI、中国で基本設計を受注 -石炭火力発電所向け大型排脱装置-
 ■日立プラント、エルベコ社の技術導入 -日立プラント、エルベコ社の技術導入-
 ■アヴィバ、シノペックから大型受注 -IT関連で100万ドル-
 ■日揮、4名が新取締役に -新執行役員にも3名が就任予定-
 ■千代田、新副社長に商事出身の亀井氏 -KBRから役員就任は無し-
 ■富士通〜ChAS、新日石向けにEAMを納入 -国内7製油所にMAXIMO-

2005.5.10  ■鹿島、来年度に「エンジニアリング事業本部」へ -清水に続き、プロフィットセンター化-
Vol.135

 ■プラ協会長に、IHI伊藤社長が就任 -5月31日総会で正式決定-

 ■スチールプランテック、受注好調 -国内好調で、前期受注320億円-

 ■高炉メーカーで高炉改修工事が相次ぎ具体化 -JFEスチール、住金が新規PJを計画-

 ■アンゴラLNG向けFEEDを発注 -日揮グループとベクテルグループ双方に-

 ■タクマ、英で焼却炉を受注へ -受注金額220億円、日本メーカーでは初-

 ■オートデスク、Inventorをヴァージョンアップ -機能性設計機能を追加-

 ■重工、ガスエンジンコジェネを開発 -大ガスと、300kW級で世界最高効率を実現-

 ■インターグラフ、7月にAPEX上海開催 -プラントライフサイクルにフォーカス-

 ■横河、シェルグループと戦略供給契約を締結 -エンジニアリング・保守サービスで-

 ■三造、バイオエタノール製造の実証を開始 -技術の確立、コスト削減で実用化へ-

 ■重工ら、イタリアでLNG受注基地を受注 -総投資額530億円-

 ■ベントレー、DigitalPlantセミナー開催 -5月27日東京で、重工が事例紹介-

 ■JFEエンジ子会社、木質系廃棄物R事業へ -岡山県でリサイクル工場を完工-

 ■ABB、インドで変圧器などを受注 -受注金額4,100万ドル-

 ■千代田、業績上方修正 -連結経常利益115億円-


2005.4.25  ■重工、サウスバンコク発電所受注有力 -ラチャブリに続くガスタービン複合火力-
Vol.134  ■荏原ら、福島市で清掃工場受注へ -DBO方式で、受注金額は162億円-
 ■JFEエンジ、RBMプログラムを開発 -わが国では初の埋設ガスパイプラインが対象-
 ■テイジン・トワロン、高機能繊維設備をアーカー・クヴァナに発注 -蘭工場増産に195億円投資-
 ■KBR〜伊Snam、ナイジェリアからGTL -日揮、アドバイザーとして参画-
 ■コスモエンジ、システム機工を買収 -タイホー工業傘下から-
 ■川重、N.Yで鉄道車両を受注へ -340両、受注総額5億ドル-
 ■清水、地下遮水壁構築の新工法を開発 -加藤建設らと、コストを25%削減-
 ■大林、新社長に脇村 典夫 現副社長 -森元 淳平 専務兼エンジ本部長は顧問に-
 ■CB&I、LNGタンクを受注 -CNOOCから、受注金1億ドル-
 ■MC Frame導入コストが大幅コスト安 -SSJとb-en-gが発表-
 ■鹿島ら15社、羽田空港再拡張事業を受注 -受注金額5,985億円-
 ■新日鉄らJV、高速道路建設工事を受注 -フィリピンで、受注金額162億円-
 ■重工、GTCCを受注 -POSCO向け、GTでは初-
 ■Hitz、柏市で清掃工場を完工 -現在は20年間の運営を受託-
 ■清水ら、除菌イオンダクト搬送Sを開発 -生産工場、医療施設にも適用-

2005.4.10  ■インダス、四国電力伊方3号原発向けEAMシステム受注 -東京電力に続く実績、電力会社向けに伸長-
Vol.133  ■荏原、木質バイオマス発電プラントを受注 -東京三菱銀行らからの融資プロジェクト-
 ■大林〜鹿島ら、廃棄物クリーンセンター受注 -滋賀県で、総額137億円-
 業界各社に新入社員、4月1日に入社式 -日揮73名など、各社世代交代意識した大型採用-
 ■三星エンジ、メキシコから製油所設備 -アルキレーション設備受注-
 ■日揮、NGLプラント受注へ -サウジARAMCO向け、ラービグ案件にも弾み-
 ■川重、ベトナムからセメント設備 -双日と共同で-
 ■川重、中国からコージェネ受注 -北京向けを60億円-
 ■Hitz、PEFCでカナダ社と提携 -市場調査・開拓、アプリケーション開発など-
 ■BP製油所事故、犠牲者はコントラクター -Jacobs、フルア社員14名が死亡-
 ■TEC、中国で建設業ライセンス取得 -新現地法人を設立-
 ■PMCC、PMR、PMSの資格取得者を発表 -それぞれ24名、361名が合格-
 ■IHI、日本陸運から物流センター受注 -日本初の防爆冷凍危険物立体自動倉庫など-
 ■TEC、組織改正を実施 -エンジ・ソリューション本部など新設-
 ■Hitz、新社長に古川 実 専務 -重藤 毅直 現社長は相談役に-
 ■新日鉄らJV、PCB廃棄物処理施設を受注 -日本環境安全事業から、北海道向け-

2005.3.25  ■東芝、米から蒸気タービン受注 -PPL社ブルナーアイランド発電所向け-
Vol.132  ■JFEエンジらJV、兵庫県で焼却炉を受注へ -造成工事は大林らJV-
 ■重工ら、PFI方式で清掃工場を受注へ -島根で、落札金額は80億円-
 ■鹿島、研究所、医薬品工場を連続受注 -富士写真フィルム、大塚製薬から-
 ■トーヨータイ、塩素プラント受注 -タスコケミカルから-
 ■日揮〜KBR、タングーLNGプラント受注 -BPなどから2,000億円-
 ■重工、高炉ガス焚きGTCC発電設備を受注 -中国で、馬鞍山に続き4件目-
 ■川重、中国からコージェネ受注 -北京向けを60億円-
 ■b-en-g、治験支援ネットの構築を受注 -オラクルの技術を活用、三重県で-
 ■重工、GT駆動圧縮機の協業契約を締結 -米ソーラー・タービンズと-
 ■重工、クレーン2基を受注 -台湾の電炉製鉄会社向け-
 ■Hitz、シールド掘進機を技術供与 -米アッカーマン社に-
 ■新日鉄ら、水素ステーション2基を完工 -愛・地球博向け-
 ■横河、ミネベアから甲府工場を買収 -8億9,800万円で-
 ■化学工学会、新会長決定 -大平三菱ガス化学会長-
 ■ABB、オートメーション設備などを受注 -スウェーデン社より、受注額2,700万ドル-

2005.3.10  重工、住化シンガポールからMMAプラント増設受注へ -6月完工の増設プロの後続案件として、随契ベース-
Vol.131  ■新日鉄ら3社、パイプライン敷設PJを受注  -石油資源開発〜東北電力より-
 ■大成、PFI方式で研究棟改修工事受注へ  -北大から、落札金額62億円へ-
 ■B&V〜重工など、メキシコからLNG受入基地受注 -Costa Azul向けを5億ドル-
 ■三菱化学エンジ、新社長に権田副社長 -前原社長は取締役に-
 ■川重、中国で鉄道車輌のエンジ合弁を設立 -伊藤忠、現地2社と-
 ■三造、カタールでのNGH事業調査が採択 -JETROから、3月から調査開始-
 ■清水ら、CDM案件として政府の認可を取得 -アルメニアで、216万トンの排出権を確保-
 ■神鋼、DRプラントを受注 -カタールで、受注金額は280億円-
 ■キッツ、黄銅棒メーカーから営業譲受 -4月1日付で、子会社と経営統合-
 ■富士電機システムズ、広島大と研究協力 -水環境分野の技術開発で-
 ■IHI、運搬機械・パーキング両事業を再編 -10月1日付で子会社に-
 ■三造、青森で融雪設備を完工 -国交省向け、地中熱利用システムを採用-
 ■山九、4月1日付で機構改革を実施 -3事業本部1本部制に-
 ■川重、横浜市からリニアメトロ車輌60輌を受注 -受注金額は58億円-
 ■b-en-g、2005年3月決算を下方修正 -SAP事業の不振により-

2005.2.25  ■石川島プラント建設、ジュロンエンジ株取得へ -IHIグループで最大シェア目指す-
Vol.130  ■ニッテツ大阪エンジ、CMMS事業を日鉄エレックスに移管 -検査機器事業などとのシナジー図る-
 ■タイPTTガス分離プラントなど増設へ -その他石化計画目白押し-
 ■住重、汚泥再生処理センターを受注 -青森で、受注金額50億円-
 ■Hitz日立造船、中国からPVC設備 -トーソー中国法人から、投資額80億円-
 ■山九〜日陽エンジ、日常メンテ受注 -鹿島石油から-
 ■住重、動く歩道35基を中部空港に納入 -ユニバーサルデザイン、1m40pのフルフラット-
 ■アヴィバ、造船システムTribonM3を強化 -多彩な機能を搭載-
 ■川重、新社長に大橋 忠晴副社長が就任 -田ア雅元現社長は会長職に-
 ■新興プランテック、新社長に藤井専務 -新庄社長は会長に-
 ■三造、イランからEO/EGプラント受注 -カーグ島向け、350億円-
 ■竹中、ドバイで空港拡張工事を受注 -受注額1,020億円、世界最大の拡張工事-
 ■ネクステック、マザーズに上場 -3月16日付で、公募株数1,000株-
 ■三井造船、山梨県リサイクルプラザ起工式 -建設実績は27施設-
 ■オートデスク、UGSと世界的に提携 -ファイルの相互互換を共同推進-
 ■重工、GTCC発電設備を受注 -中国鉄鋼大手・馬鞍山鋼鉄から-

2005.2.10  ■千代田、ラスガスLNG第6・7トレーンを受注へ -カタールガスUのオプション的扱い、随契ベースで-
Vol.129  ■三造ら、浜松市から廃棄物処理事業を受託へ -住重は京都市から灰溶融炉を受注内定-
 ■JFE、4月1日付で経営体制を刷新 -JFEエンジ新社長には斎藤 脩 氏-
 ■インターグラフ、EyeCADとの統合ソフトを開発 -2007年から「SmartPlant3D with EyeCAD」を販売へ-
 ■TEC、出光からLNR再稼働プロ受注 -千葉製油所向け総投資額80億円-
 ■横河、新安全システムを開発 -プロセスプラント向け-
 ■横河電機、ハネウエル社と提携 -北米にマーケット拡大-
 ■IHI、ネシアで発電所のO&M事業を受注 -受注金額25億円、海外では初-
 ■重工の容剤抽出法を採用 -新日鉄らとPCB汚染土壌の浄化実証実験-
 ■米エマソン、カタールガスU向け計装設備受注 -エクソンモービルとの関係武器に受注-
 ■山九、ホーチミンに現地法人設立 -初のベトナム法人営業開始-
 ■川崎重工、プラント事業を独立分社化 -環境保全・リサイクル分野に注力-
 ■戸田、産業用セラミック工場の更新PJを受注 -日本特殊陶業から、受注金額70億円-
 ■千代田化工建設、米大手電力に技術ライセンス -大型排煙脱硫装置4期一括受注-
 ■日立造船100%子会社、運営管理委託事業受注 -国内6件目の運営事業-
 ■Jパワー、共同でコンサル業務受注 -ウズベク・タシケント火力発電所近代化事業-

2005.1.25  ■伊Technimont〜重工JV イタリアからLNGターミナル -英BG〜伊ENELなどから-
Vol.128  ■千代田、国内で連続受注 -昭シェル、新日本石油精製から-
 ■IHI、石炭火力発電設備を受注 -住友共同電力向け、総投資額200億円-
 ■三菱化工機、新型水素製造装置開発 -接地面積を半分に、コンパクト化を実現-
 ■飛島、流通センターを受注 -ワコールから、投資額57億円-
 ■丸紅〜日揮、UAEから発電・海淡事業権 -日揮は非EPC事業に力-
 ■重工、イタリアから蒸気タービン3基を受注 -燃料転換に伴う大型工事プロジェクト-
 ■b-eng、中国コンサル会社と提携 -現地での日本企業の進出を支援-
 ■ABB、世界最長の海底送電線工事に着工 -ノルウェー〜オランダ、全長580q-
 ■Hitz、バイオマスガス化発電装置を完工 -CO2排出抑制対策事業の一環-
 ■IHI、大宇造船海洋からクレーン受注 -世界最大級の大型フローティングクレーン-
 ■山九、上海に現地法人設立 -各種機工作業全般に対応-
 ■新日鉄ら、国内最大のPFI -2007年完工、14年半年間の維持管理-
 ■IHI、米でLNG受入基地を受注 -AKと共同で、受注高500億円-
 ■仏テクニップ、米からLNG受入基地 -フリーポートプロジェクトを受注-

2005.1月合併号  ■日揮、インドネシア・タングーLNGプラント受注へ -1月中に正式契約、プロジェクトはジャカルタに-
Vol.127  ■JFEエンジ、帝国石油からガス処理プラント -越路原プラント増設プロを約50億円へ-
 ■重工、現中期経営計画の進捗状況を発表 -2007年度売上高3兆円へ-
 ■PFIプロジェクト、入札相次ぐ -富士電機らが千葉県、大林らが稚内で内定-
 ■アヴィバ、現代重工と共同開発 -VANTAGEマリンで-
 ■ABB、ガスパイプライン改修工事受注 -アルジェリアで、受注額9,000万ドル-
 ■エクソンモービル、シントロリウム社と提携 -GTL技術で-
 ■重工、高架橋利用支援工法を開発 -戸田と共同で、鉄道関連会社に提案-
 ■重工、ヘリウムタービン発電機の基本設計など受注 -南アで、小型原子炉用-
 ■IHI、カタールでLNGタンク3基受注 -カタールガスU向け-
 ■川重、シンガポールにシールド掘進機を納入 -工区に合わせたた独自技術を採用-
 ■TEC、オマーンからメタノールプラント -MTHLとの20年間の関係が結実-
 ■金子産業、中国に合弁企業 -バルブ組立・検査で、1月から業務開始-
 ■重工、米で排煙脱硫装置を受注 -受注金額50億円、TVA向けに次ぐ、大型受注-
 ■Hitz、1月1日付で組織改正 -環境、エネルギー・プラント事業本部で-
 ■JFEエンジ、揺動式選別機の出荷台数30台に -RDF製造装置などで-



掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は 鰹d化学工業通信社 に帰属します。
ENN編集部