エンジニアリング・ネットワーク
 毎月10日・25日発刊
 半年購読料:29,000円+税
 年間購読料:49,000円+税



購読・サンプルお申込み  広告掲載について   バナー広告について   製品記事掲載について
企業別検索(News Record)  重化学工業通信社

 News Record  その他の記事          (2018年8月合併号)
※本文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい

  モザンビークLNGプロ、プロジェクトオフィスは横浜に設置
  千代田グローバル本社でEPCをコントロール

 2019年前半までに、千代田化工建設~伊Saipem~米マクダーモット(旧CB&I)が受注することが確実になった、モザンビーク向けLNGプラントの建設プロジェクトだが、プロジェクトオフィスは、横浜みなとみらい地区の千代田化工建設のグローバル本社に設置されることが分かった。

  タイTTCL、シンテックから塩ビ設備を受注
  設計業務のみ、調達・建設は信越グループが対応
 タイTTCLは昨年12月に、信越化学の米法人であるシンテック社から塩化ビニル樹脂(PVC)の設計業務を受注した。同プロジェクトの調達・建設については、信越化学グループで対応する。シンテックの米国における投資は、投資額14.9億ドルにのぼる巨大なもの。

  仏クニム、セルビアでゴミ発電プラントを受注
  伊藤忠~仏スエズのPPPプロ向け
 フランスのプラントメーカーであるクニムはこのほど、Beo Čista Energija社からゴミ発電プラントを受注した。Beo Čist aEnergijaは、伊藤忠商事~フランスのスエズによる特別目的会社(SPC)。伊藤忠~スエズがセルビア共和国のベオグラード市で受託したゴミ発電事業向けのゴミ発電プラント。

  JBIC、質高インフラの海外展開を積極支援
  第3次中計で明確化、前田総裁が会見で方針を発表
 国際協力銀行(JBIC)はこのほど、第3期中期経営計画を策定し、その中で、「インフラ海外展開」において、ライフサイクルコストの削減を目的とした取組を強化する方針を明確にした。去る7月27日に行われた定例記者会見で前田匡史総裁が明らかにしたもので、JBICは2018年度を・・・


 FOCUS  Back Number
 World Contractors Data Book 2018年3月期の全社業績
【専業エンジニアリング】
 米プロジェクトで厳しい業績も市場回復で明るさ
 MODECも受注が急回復、B-EN-G は手堅く利益を確保
千代田化工建設/東洋エンジニアリング/東洋ビジネスエンジニアリング
日揮/三井海洋開発

【総合重機】
 IHI、川重、住重が増収増益
 プラント事業は概ね受注好調

IHI/川崎重工業/住友重機械工業
三井E&Sホールディングス(旧日立造船㈱)/三菱重工業

【重 電】
 日立・富士電機・三菱電機が増収増益
 富士電機は営業利益、営業利益率、経常利益で過去最高

東芝/日立製作所/富士電機/三菱電機

【鉄鋼大手】
 新日鉄住金エンジなどが経常ベースで増益
 受注活動は明暗分かれる

神戸製鋼所/JFEエンジニアリング/神鋼環境ソリューション
新日鉄住金エンジニアリング

【総合建設】
 2018 年3月期も、高水準の営業利益を維持
 変わりつつあるエンジ組織の役目

大林組/鹿島/清水建設/大成建設/竹中工務店

【機械系エンジニアリング】
 月島・クボタ・木村が増収、営業ベースで増益
 トーヨーカネツ、三菱化工機、タクマは減益

荏原/木村化工機/クボタ/ササクラ/太平洋エンジニアリング/タクマ
月島機械/トーヨーカネツ/三菱化工機

【ユーザー系エンジニアリング】
 各社ともに安定経営を推進、
 明確になった立ち位置
旭化成エンジニアリング/出光エンジニアリング/クラレエンジニアリング
コスモエンジニアリング/JXエンジニアリング/JNCエンジニアリング
住友ケミカルエンジニアリング/東レエンジニアリング
三菱ケミカルエンジニアリング

【大手工事会社】
 工事会社はSDMマイナーで減収減益も想定内で業績は安定
 重電工事も堅実経営が目立つが、求められる効率改善
山九/新興プランテック/高田工業所/東芝プラントシステム
富士古河E&C

【機器メーカー】
 計装、機器メーカーは増収増益
 バルブはキッツ、岡野、中北が増益

アズビル/岡野バルブ製造/キッツ/東亜バルブエンジニアリング
中北製作所/日機装/日本製鋼所/日阪製作所/横河電機

【総合商社】
 プラント成約額は、住商、伊藤忠で増加
 事業投資は、再エネ発電に集中

伊藤忠商事/住友商事/双日/豊田通商/丸紅/三井物産/三菱商事

【世界のコントラクター】
ABB Ltd. / Chicago Bridge & Iron Company N.V.(現 McDermott International, Inc)/ Fluor Corporation / Jacobs Engineering
Group Inc. / John Wood Group Plc. / KBR, Inc. / Linde AG
Petrofac Ltd. / Saipem S.p.A / Technip FMC
Tecnicas Reunidas S.A. / General Electric Company
Siemens AG / 大林産業 / 大宇建設 / 斗山重工業/GS建設
現代建設 / 現代重工業 / サムスンエンジニアリング/SK建設
CTCI Corporation / TTCL PUBLIC COMPANY LIMITED


 Cover Story   Back Number   
 東レエンジ、FAシステムの一環としてロボットを提案
 「3次元ビジョン・ハンドリングシステム」などを提案
 東レエンジニアリングは、生産合理化・省力化を目的として幅広い産業向けにFAシステム事業を展開している。その一環として、ロボットを活用したシステムも提供。中でも「3次元ビジョン・ハンドリングシステム」は、二つのカメラで構成されるステレオカメラで取り込まれた画像を認識して、登録された3次元CADデータと照合することで、形状を認識するシステムだ。







  【見本誌 / 購読のご案内】  【広告掲載のご案内】   【リンクについて】





〈サイトマップ〉

 バックナンバー (2004~2018年)
 FOCUS (2004~2018年)
 TOPICS
    2018年
    2017年  2016年  2015年  
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 Engineering Now
    2018年
    2017年  2016年  2015年 
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 News Record
    2018年  2017年  2016年   
    2015年  2014年  2013年 
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年
    企業別検索

 My Opinion
   2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年   
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Cover Story
    2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年
    2012年  2011年  2010年
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Suppliers Now
    2018年
    2017年  2016年  2015年
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年








ENN見本はこちらをご覧下さい





My Opinion 詳 細
・中部プラントサービス
    伴 鋼造 代表取締役社長

・旭有機材
    中野 賀津也 代表取締役社長



TOPICS 詳 細
・ハネウェル、「つながる」複数拠点を守
 るサイバーセキュリティソリューショ
 ンを発売

・「スマートエンジニアリング TOKYO
 2018」「メンテナンス・レジリエンス
 TOKYO2018」開催

・「インターフェックス2018」開催、
 プラントエンジ各社は連続生産設備を
 強調



Engineering Now 詳 細
・日造、メガワット級の大型固体高分子
 型水素発生装置を開発

・デジタル化とデータベース強化が共通
 の課題になったエンジITベンダー

・設計生産性を向上する、ベントレー
 「STAAD.Pro Advanced」




Suppliers Now 詳 細
・「粒子づくりエンジニアリング」で
 差別化図る大川原化工機




㈱重化学工業通信社
 
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
このホームページに関するご意見・ご感想をお寄せ下さい。    E-mailでのお問い合わせ
著作権は ㈱重化学工業通信社 に帰属します。
Copyright 2002~2018 The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved.