エンジニアリング・ネットワーク
 毎月10日・25日発刊
 半年購読料:29,000円+税
 年間購読料:49,000円+税



購読・サンプルお申込み  広告掲載について   バナー広告について   製品記事掲載について
企業別検索(News Record)  重化学工業通信社

 News Record  その他の記事          (2017年9月25日号)
※本文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい

  日本政府、国内防爆検定の見直しに着手
  国際規格や欧州規格の受け入れを検討
日本政府が規制改革の一環として、国内防爆検定の見直しに着手している。これまで、わが国の防爆は国内の検定機関である公益社団法人産業安全技術協会(TIIS)が独占的に行ってきた。しかし2015年6月に施行された改正労働法で、「外国に立地する検査検定機関が同法に基づき、登録を受け、・・・

  日揮、JXTG和歌山製油所火災復旧プロジェクトを受注
  今年1月火災、旧東燃ゼネラル石油向け
関係筋によれば、日揮はこのほど、JXTGエネルギーから、今年1月に発生した、和歌山製油所のタンクおよび潤滑油製造装置群の火災に伴う復旧プロジェクトを受注したもよう。和歌山製油所の火災は1月18日に開放清掃中のタンク、同月22日に潤滑油製造装置群で発生した。

  千代田、神戸製鉄所火力発電所向け排脱装置を受注
  2002年稼働の1期計画に次ぎ、2期計画も
千代田化工建設は神戸製鋼所が神戸製鉄所に建設する神戸製鉄所火力発電所向け排煙脱硫装置を受注した。千代田は2002年に神戸製鉄所で稼働した1期計画向けにも受注しており、1期計画の実績が評価されて受注したものと見られる。第2期計画は、製鉄所の上工程の加古川製鉄所への集約化に伴う・・・

  川重、焼却炉DBOプロを受注へ
  鹿児島県で、落札金額350億円
川崎重工業は近く、鹿児島県鹿児島市から、新南部清掃工場の建設・運営プロジェクトを受注する。DBO(デザイン・ビルド・オペレート)方式による、ゴミ焼却炉の建設・運営事業。川重は2021年12月までに、日量110トンのストーカ炉2炉、30トンのバイオガス化施設2基を建設し、完工後には・・・


 FOCUS  Back Number
 ワンランク上のフィリピンエンジ
2014フィリピンに拠点を持つ、わが国のエンジニアリング企業のほとんどが、進出して20年以上が経過している。かつては、「ローコストの拠点」という企業が多かったが、最近では、現地化を進める企業も出てきている。かつてのように、安価な人件費を求めるだけでは、現地社員のモチベーションも上がらず、定着率も悪くなる。仕事を通じた達成感を実現してこそ、人材の長期雇用が可能になる。このため、従来に比べ各企業ともワンランク上の対応を採りはじめている。

【総 論】
 エンジ企業の競争力強化に不可欠なフィリピン
 進出からもはや30年、見えてきた課題

【JGCフィリピン】
 設立から28年、現地化の促進でフィリピン最大のエンジニアリング企業に
 目標は2020年売上高1,000億円、海外プロジェクトにも対応

【千代田フィリピン】
 ローコストセンターからワンランク上を目指す千代田フィリピン
 グループのアジア地域の協業にも設計面で貢献

【DASH Engineering Philippines】
 設立から25年、三井造船全社の競争力を支える拠点に
 人材確保に有利なセブ島のメリットを活用

【JFEテクノマニラ】
 低コストで良質な人材を確保できる重要拠点
 今年末には420人体制に、要員の増強も進む

【三興フィリピン】
 社員のモチベーション向上を目的に社内転勤制度を活用
 ローコストエンジニアリングと海外プロ向け人材の発掘が役割

【フィリピンワコオ】
 バルブ整備でフィリピン工業に貢献するフィリピンワコオ
 日本ウェイとワコオ・ウェイを重視、人材育成に力


 Cover Story   Back Number   
エンジニアリングとものづくりから生まれた洗浄ソリューションシステム
東レエンジニアリングの特徴を発揮、GMPグローバル化に対応
わが国の医薬品GMPのグローバリゼーションが進む中で、設備と提供するエンジニアリング企業にもこれまでに無い対応が求められている。この新たな流れに的確に対応しているのが東レエンジニアリングだ。近年、医薬品プラントのエンジニアリング分野において、著しい成長を遂げているが、それを支えるのは、独自の「エンジニアリング」と「ものづくり」だ。設備のみならず、その構成機器まできめ細かく対応できるのがその特徴だ。中でも洗浄ソリューションシステムには、その特徴が顕著に表れている。





  【見本誌 / 購読のご案内】  【広告掲載のご案内】   【リンクについて】


〈サイトマップ〉

 バックナンバー (2004~2017年)
 FOCUS (2004~2017年)
 TOPICS
    2017年  2016年  2015年  
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 Engineering Now
    2017年  2016年  2015年 
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 News Record
    2017年  2016年   
    2015年  2014年  2013年 
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年
    企業別検索

 My Opinion
    2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年   
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Cover Story
    2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年
    2012年  2011年  2010年
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Suppliers Now
    2017年  2016年  2015年
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年








ENN見本はこちらをご覧下さい





My Opinion 詳 細
・JFEエンジニアリング
      取締役社長 大下 元 氏



TOPICS 詳 細
・ベントレー、「CONNECTION セミナー
 横浜」を開催

・j5Japan、Workshop 2017を開催



Engineering Now 詳 細
・2016年度エンジニアリング産業
 売上高3.8%減



Suppliers Now 詳 細
・「第18回管工機材設備総合展
 OSAKA 2017」開催




㈱重化学工業通信社
 
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
このホームページに関するご意見・ご感想をお寄せ下さい。    E-mailでのお問い合わせ
著作権は ㈱重化学工業通信社 に帰属します。
Copyright 2002~2017 The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved.