エンジニアリング・ネットワーク
毎月10日・25日発刊
半年購読料:29,000円+税
年間購読料:49,000円+税




購読・サンプルお申込み  広告掲載について   バナー広告について   製品記事掲載について
企業別検索(News Record)  重化学工業通信社

 News Record  その他の記事          (2019年8月合併号)
※本文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい

  日揮~米フルア~テクニップFMC、8月にもLNGプラントを受注へ
  モザンビーク・エリア4鉱区向け
 日揮~ 米フルア~ テクニップFMCは近く、エクソンモービル~ENI~中CNPCがモザンビークで計画する、エリア4鉱区を対象とするLNGプラント建設プロジェクトを受注する。早ければ8月にも正式に契約するもよう。プロジェクトは、モザンビーク沖のロブマ4鉱区天然ガス田で産出される・・・


  TOYO、三井化学・大阪工場向けPP増設プロ受注へ
  三井E&Sプラントエンジがテクニカルアシスタンスで協力
 東洋エンジニアリング(TOYO)は今秋、子会社のテックプロジェクトサービス(TPS)とともに、三井化学が大阪工場で計画するポリプロピレン(PP)プラントの増設プロジェクトを受注する見通しだ。プロジェクトは三井化学大阪工場のPPプラントを増設するもの。


  荏原環境、焼却炉プロを連続受注へ
  静岡でDBO、北海道で基幹改良工事
 荏原環境プラントは近く、ごみ焼却炉プロジェクトを連続受注する。静岡県伊豆市伊豆の国市廃棄物処理施設組合では、DBO(デザイン・ビルド・オペレート)方式による焼却炉の建設・運営事業を受注する。2022年3月までに日量82トンのストーカ炉を建設し、完工後20年間に渡り施設を維持管理・運営する。


  山九、サウジアラビアから日常保全業務
  サダラケミカル向け、サウジで4件目
 山九のサウジアラビア現地法人である山九サウジアラビアはこのほど、サウジアラビアのサダラケミカル社から日常保全業務を受注した。受注金額は数十億円と見られる。サダラケミカルは、サウジアラビア国営石油会社ARAMCOと米ダウケミカルの合弁企業。



 FOCUS  Back Number
 World Contractors Data Book 2019年3月期の全社業績
【専業エンジニアリング】
 今求められるリスク請負業からの脱皮
 MODECはインハウスでの製作でリスクを極小化
千代田化工建設/東洋エンジニアリング/東洋ビジネスエンジニアリング
日揮/三井海洋開発

【総合重機】
 5社が営業ベースで増益
 プラントは日造、川重、住重、重工が受注増

IHI/川崎重工業/住友重機械工業/日立造船
三井E&Sホールディングス(旧 三井造船)/三菱重工業

【重 電】
 日立・富士電機が増収・営業増益
 富士電機は営業利益・経常利益で過去最高を更新

東芝/日立製作所/富士電機/三菱電機

【鉄鋼大手】
 日鉄エンジ、JFEエンジが増収増益
 神鋼グループは増収減益も受注増で業績回復に期待

神戸製鋼所/JFEエンジニアリング/神鋼環境ソリューション
日鉄エンジニアリング(旧 新日鉄住金エンジニアリング)

【総合建設】
 大林と清水が増益、大成は減益も高利益率
 受注好調も、未来に種まくエンジ組織

大林組/鹿島/清水建設/大成建設/竹中工務店

【機械系エンジニアリング】
 官需から民需へと柔軟にシフトした企業の業績が改善
 民需主体の企業は業績の濃淡

荏原/木村化工機/クボタ/ササクラ/太平洋エンジニアリング/タクマ
月島機械/トーヨーカネツ/三菱化工機

【ユーザー系エンジニアリング】
 最高益更新から2期連続赤字まで、明暗分けた業績
 外販での実績が業績に反映
旭化成エンジニアリング/出光エンジニアリング/クラレエンジニアリング
コスモエンジニアリング/JXエンジニアリング/JNCエンジニアリング
住友ケミカルエンジニアリング/東レエンジニアリング
三菱ケミカルエンジニアリング

【大手工事会社】
 SDMメジャーを追い風に、各社業績を回復
 重電工事も堅実路線で業績が安定
山九/高田工業所/レイズネクスト/東芝プラントシステム
富士古河E&C

【機器メーカー】
 全方位型企業の業績が安定
 特定市場対応型メーカーは厳しい業績に

アズビル/岡野バルブ製造/キッツ/東亜バルブエンジニアリング
中北製作所/日機装/日本製鋼所/日阪製作所/横河電機

【総合商社】
 プラント事業は住商が増益、商事は赤字
 プラント成約額は丸紅、豊通が増加

伊藤忠商事/住友商事/双日/豊田通商/丸紅/三井物産/三菱商事

【世界のコントラクター】
Fluor Corporation/Jacobs Engineering Group Inc./
John Wood Group Plc./KBR, Inc./McDermott International,Inc/
Petrofac Ltd./Saipem S.p.A/Technip FMC/Tecnicas Reunidas S.A./
General Electric Company/Siemens AG/
Danieli & C. Offi cine Meccaniche S.p.A./SMS group GmbH/
大林産業/大宇建設/斗山重工業/GS建設/現代建設/現代重工業/
サムスンエンジニアリング/CTCI Corporation/
TTCL PUBLIC COMPANY LIMITED



 Cover Story   Back Number   
 月島、福岡県で下水汚泥固形燃料化事業
 過去5件の実績を生かし、ライフサイクルコストを適正化
 月島機械はこのほど、福岡県で「御笠川那珂川流域下水道御笠川浄化センター下水汚泥固形燃料化事業」の運営を開始した。DBO(デザイン・ビルド・オペレート)方式による下水汚泥燃料化プラントの建設・運営事業で、今年3月に電源開発(J-Power)、地元でメンテナンス事業を手掛けるミカサと共同でプラントを完工し、20年間の維持管理・運営を開始した。1日あたりの処理能力100トン、年間計画汚泥処理量3万トンという事業規模でありながら総事業費100億円と、厳しいコスト条件で進められているプロジェクトだが、月島はこれまでの5件の実績を生かし、プラントのライフサイクルに渡りコストの最適化を実現している。




  【見本誌 / 購読のご案内】  【広告掲載のご案内】   【リンクについて】








〈サイトマップ〉
 バックナンバー (2004~2019年)
 FOCUS (2004~2019年)
 TOPICS
    2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年  
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 Engineering Now
    2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年 
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 News Record
    2019年 
    2018年  2017年  2016年   
    2015年  2014年  2013年 
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年
    企業別検索

 My Opinion
   2019年  
   2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年   
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Cover Story
    2019年 
    2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年
    2012年  2011年  2010年
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Suppliers Now
    2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年




ENN見本はこちらをご覧下さい



My Opinion 詳 細
・千代田化工建設
    大河 一司 代表取締役会長CEO

・東レエンジニアリング
    岩出 卓代 表取締役社長

・レイズネクスト
    吉川 善治 代表取締役社長



TOPICS 詳 細
・エンジニアリング協会、新理事長に
 永松TOYO社長

・シーメンス、高収益事業体への変革
 目指す

・「SPAR 2019J/第15回3次元計測
 フォーラム」開催

・「メンテナンス・レジリエンス2019」、
 7月24~26日開催



Engineering Now 詳 細
・建設工事のピークを迎える相馬ガス火
 力発電所建設プロジェクト

・日揮、持株会社制に伴う新組織を発表



Suppliers Now 詳 細
・米国最先端技術と日本の「ものづくり」
 を融合した日本ジョンクレーン

・巴バルブ、「TomProbe」シリーズを発売

・オンリーワン技術で市場を開拓するO
 KM




㈱重化学工業通信社
 
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
このホームページに関するご意見・ご感想をお寄せ下さい。    E-mailでのお問い合わせ
著作権は ㈱重化学工業通信社 に帰属します。
Copyright 2002~2019 The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved.