エンジニアリング・ネットワーク
 毎月10日・25日発刊
 半年購読料:29,000円+税
 年間購読料:49,000円+税



購読・サンプルお申込み  広告掲載について   バナー広告について   製品記事掲載について
企業別検索(News Record)  重化学工業通信社

 News Record  その他の記事          (2019年3月25日号)
※本文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい

  TOYO、投資ファンドから150億円の払込手続完了
  社外取締役とともに、投資ファンド社員も受け入れ
 東洋エンジニアリング(TOYO)3月6日、投資ファンドのインテグラルと払込手続きを完了したと発表した。払込期間は2月13日から3月29日まで。今回の払込はA種優先株式の発行に伴うもの。払込完了により、2019年2月12日付け臨時株主総会の決議に則り、インテグラル社より・・・

  MHIEC、基幹改良工事を受注へ
  横浜市から随契で、鶴見工場の延命化
 三菱重工環境・化学エンジニアリング(MHIEC)は近く、神奈川県横浜市から、既存のゴミ焼却炉の基幹改良工事を随意契約で受注する。基幹改良工事は、既存の建屋を有効活用しながら、炉本体やユーティリティ設備などを改造・延命化する工事。同時に、最新技術を導入することで・・・

  クボタ、栗田両子会社、水処理プラントを受注へ
  茨城県と石川県で
 クボタ子会社のクボタ環境サービスと、栗田工業子会社のクリタスはそれぞれ、水処理プラントを近く受注する。クボタ環境サービスは茨城県土浦市から、汚泥再生処理センターを受注する。処理量は日量33.8㎘で、受注金額は20億3,000万円。

  4月1日から5日まで開催されるハノーバーメッセ
  金属労協がジャパン・パビリオンに協賛
 4月1日から5日まで、ドイツ・ハノーバー国際見本市会場でハノーバーメッセが開催されるが、会場には昨年に引き続き、ジャパン・パビリオンが設置される。2019年は、「インテグレーテッド・インダストリ――インダストリアル・インテリジェンス」をテーマに掲げ・・・


 FOCUS  Back Number
 プロジェクトの全体最適を目指す「調達」
 1990 年代に円高が進んだ時、コスト削減を目的として、資機材の海外調達が加速した。しかしプロジェクトの全体効率を考えた場合、表面価格だけで判断すれば、効率が損なわれる可能性もある。顧客がリストアップしていないベンダーから調達する場合、顧客の了解を得るために、工場サーベイも行わなければならない。こうしたことが、プロジェクト全体の効率にどのように影響するか考慮する必要がある。調達は、全体最適を見つめながら行われる必要がある。

【総 論】
 プロジェクトの全体最適を目指す「調達」
 表面価格よりもプロジェクト遂行の効率を重視

【千代田化工建設】
 財務状況悪化でも、調達業務への影響は軽微
 受注好調な現在は、若手調達担当者の育成の好機

【東洋エンジニアリング】
 海外3現法が各拠点のベンダーを評価
 調達のPDCAで業務の改善にも取組

【日 揮】
 3つの調達組織で多様なプロジェクトに対応
 調達担当者の育成に、海外現地法人を活用

【三菱重工環境・化学エンジニアリング】
 主要製缶品ベンダーのロードを可視化
 海外調達の促進と同時に、工事量が増加する国内の安定調達にも取組

【JFEエンジニアリング】
 国内の環境・産業機械事業で、海外調達の取組強化
 ダイバシティで多様な人材を確保、業務効率の改善に成果

【新日鉄住金エンジニアリング】
 品質・納期・価格のバランスを重視
 国内・海外にこだわらず、適正な地域で調達

【東レエンジニアリング】
 「エンジニアリング」と「ものづくり」の2分野を持つ調達組織
 調達先の選定では、QCDとCSRを重視


 Cover Story   Back Number   
 し尿処理施設の高付加価値化を図るMKE
 福岡県みやま市でバイオマスセンターを完工
 国内で900件以上稼働しているし尿処理施設だが、その多くで老朽化が進行している。また、将来の人口減少を見据え、近隣の自治体との広域処理を計画している自治体もある。安定した更新・延命化需要が期待される中で、三井E&Sエンジニアリングの子会社である三井E&S環境エンジニアリング(MKE)は、し尿処理施設の高付加価値化を顧客に提案している。


 Engineering Now   Back Number   
 危険体感教育を提供する富士電機フィールド技術研修所
 安全への配慮を怠った時の危険を体感、VRも活用
 電気が関わる作業には、危険なものが少なくない。安全への配慮を怠ることで、大きな事故につながり、労働災害が発生することもある。富士電機フィールド技術研修所には、受講者に現場で起こりうる危険を疑似体験させることで安全のための正しい知識を身に付けさせる「危険体感教育」がある。この教育により「安全に作業するうえで必要なことは何か」を感じることができる。






  【見本誌 / 購読のご案内】  【広告掲載のご案内】   【リンクについて】


 
〈サイトマップ〉

 バックナンバー (2004~2019年)
 FOCUS (2004~2019年)
 TOPICS
    2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年  
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 Engineering Now
    2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年 
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 News Record
    2019年 
    2018年  2017年  2016年   
    2015年  2014年  2013年 
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年
    企業別検索

 My Opinion
   2019年  
   2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年   
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Cover Story
    2019年 
    2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年
    2012年  2011年  2010年
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Suppliers Now
    2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年




ENN見本はこちらをご覧下さい



My Opinion 詳 細
・三興グループ  井本 眞道 代表

・東京都立六郷工科高校
       佐々木 哲 統括校長


TOPICS 詳 細
・衛生重視の医薬・バイオ業界が注目、
 使い捨て流量センサ



Suppliers Now 詳 細
・クーパー、防爆仕様の本格的ワークス
 テーションを発売

・ボールバルブのパイオニア、日阪製作
 所




㈱重化学工業通信社
 
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
このホームページに関するご意見・ご感想をお寄せ下さい。    E-mailでのお問い合わせ
著作権は ㈱重化学工業通信社 に帰属します。
Copyright 2002~2019 The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved.