エンジニアリング・ネットワーク
毎月10日・25日発刊
半年購読料:29,000円+税
年間購読料:49,000円+税



購読・サンプルお申込み  広告掲載について   バナー広告について   製品記事掲載について
企業別検索(News Record)  重化学工業通信社

 News Record  その他の記事          (2019年6月25日号)
※本文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい

  東芝・GE、五井火力発電所向けGTCCを受注へ
  JERA・JXTG・東電FPが計画
 東芝エネルギーシステムズはGEとともに、JERA~JXTG~東電フュエル&パワー(FP)が計画する五井火力発電所向けガスタービンコンバインドサイクル発電プラントを受注する。プロジェクトは東京電力の五井火力発電所敷地内に出力78万kW×3基(234万kW)のGTCC発電プラントを建設するもの。


  日機輸、「水インフラ国際展開タスクフォース」を設置
  政府機関・メーカ・商社など60の企業・機関が参加
 日本機械輸出組合はこのほど、「水インフラ国際展開タスクフォース」を設置、海外主要国の上下水道ニーズを把握し、現地政府や水道事業体が抱える課題について、日本の技術による解決策を紹介・提案する。海外の水ビジネス市場は需要の拡大に加えて、高度処理や維持管理・民営化のニーズが近年、急増している。


  JFEエンジ、木質バイオマス発電プラントを受注
 
沖縄県で、出力49MW
 JFEエンジニアリングはこのほど、沖縄うるまニューエナジーから木質バイオマス発電プラントを受注し、着工した。沖縄県うるま市に建設する出力49MWの木質バイオマス発電プラントで、年間2~25万トンのパーム椰子殻(PKS)や木質ペレットを燃料に発電する。


  ENAA、2019年度「エンジニアリング功労者賞・奨励特別賞」
  竹中、JFEエンジなどが受賞
 エンジニアリング協会(ENAA)はこのほど、2019年度「第3回エンジニアリング功労者賞」「エンジニアリング奨励特別賞」の受賞者を発表した。「エンジニアリング功労者賞」は、エンジニアリング産業に関与し、その活動を通じエンジニアリング産業の発展に著しく貢献したグループ(チーム)や個人を表彰する。



 FOCUS  Back Number
 高経年化で浮上したプラント外面腐食問題
 プラントの高経年化とともに、外面腐食の問題が浮上してきた。腐食性の高い薬品などでは、腐食速度が速いため、腐食については早い時期から問題になっていたが、外面腐食の場合、腐食速度が遅いため、なかなか問題にならなかった。しかしわが国のプラントの多くの経年年数は40 年を超え半世紀に届こうとしている。中でも、CUI(コロージョン・アンダー・インシュレーション:保温材下の腐食)は、保温材を剥がすために時間とコストがかかるため、対応が難しい。そのために欧米では、プラントの新設時に保温材下に塗装を施すのが常識になっている。外面腐食の問題にいかに取り組むべきか、特集した。

【総 論】
 高経年化で浮上したプラント外面腐食問題
 新設案件では、腐食への対応が差別化になる

【関西ペイント】
 プラント新設時CUI対策塗料「サモスター配管用E・S」を開発
 鋼構造物用重防食塗料「ルビゴール」は錆び面に塗装可能

【大日本塗料】
 構造物・重防食塗料で幅広い品揃え
 CUI対策・素地調整軽減剤・腐食割れ防止などに対応



 Cover Story   Back Number   
 鹿児島七ツ島バイオマス発電所が竣工
 「物から事へ」を目指すIHIの象徴的拠点「七ツ島」
 IHIなど9社が出資する七ツ島バイオマスパワーの七ツ島バイオマス発電所が竣工した。この場所ではすでに、IHIも出資する鹿児島メガソーラーが太陽光発電プラントを運営しているが、IHIは同じ場所で2つの発電プラントの運営を始めた。2013年に発表した「グループ経営方針」で「既存事業間および既存事業と周辺事業を『つなぐ』」方針を明確にしたIHIだが、この方針により従来の「物売り」にとどまらない「事売り」へのシフトも始まった。二つの再生可能エネルギーによる発電事業が七ツ島で始まったが、IHIの新たな試みを象徴する場所になった。




  【見本誌 / 購読のご案内】  【広告掲載のご案内】   【リンクについて】


〈サイトマップ〉

 バックナンバー (2004~2019年)
 FOCUS (2004~2019年)
 TOPICS
    2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年  
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 Engineering Now
    2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年 
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 News Record
    2019年 
    2018年  2017年  2016年   
    2015年  2014年  2013年 
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年
    企業別検索

 My Opinion
   2019年  
   2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年   
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Cover Story
    2019年 
    2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年
    2012年  2011年  2010年
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Suppliers Now
    2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年




ENN見本はこちらをご覧下さい



My Opinion 詳 細
・出光エンジニアリング
      狩野 保英 代表取締役社長



TOPICS 詳 細
・プランテック、独自技術で焼却炉の間
 欠運転を効率化



Engineering Now 詳 細
・スマートクレーンが実現する高効率ご
 み発電



Suppliers Now 詳 細
・米国最先端技術と日本の「ものづくり」
 を融合した日本ジョンクレーン

・巴バルブ、「TomProbe」シリーズを発売

・オンリーワン技術で市場を開拓するO
 KM




㈱重化学工業通信社
 
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
このホームページに関するご意見・ご感想をお寄せ下さい。    E-mailでのお問い合わせ
著作権は ㈱重化学工業通信社 に帰属します。
Copyright 2002~2019 The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved.